証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

上野健イチさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ(古い)19件目 / 全19件(新しい)次へ »

ドワンゴの株価大爆発の可能性

ニコニコ動画の価値。

皆さんは、ユーチューブを知っているだろうか?
ユーチューブは、世界的な動画配信サイトである。
グーグルがユーチューブを約16億5000万ドル(約1900億円)で買収した。

日本においてユーチューブよりアクセス数が多いのが、
ドワンゴという上場企業が運営するニコニコ動画である。

ニコニコ動画もユーチューブも著作権違法という問題を抱えている。
しかし問題は問題として置いておいて、
現実にグーグルはユーチューブを約16億5000万ドル(約1900億円)で買収しているのである。

ニコニコ動画がこのまま成長した場合、
ニコニコ動画というコンテンツに巨額の価値が発生することは疑いない。
現在ドワンゴの株式の時価総額は270億円で、
現在の株価は、株主資本214億円に裏づけされた株価であり、
まだほとんどニコニコ動画のコンテンツ価値が株価に反映されてない状態である。

ニコニコ動画が日本のユーチューブとして確固たる地位を確立した時、
ユーチューブの買収価格である1900億円の10分の1として

安く見積もっても190億円という値段が考えられます。

ドワンゴの株価はニコニコ動画の価値を織り込み激変するだろう。
愚者は成事に暗く、賢者は未萌に見るという。
ここは先行投資を行いたい。

追伸

ニコニコ動画の現在のユーザー数はサーバーの問題などもあり280万人程度ですが、私見としてニコニコ動画側の受け入れ態勢が整えばユーザー1000万人を超える日は近いと思います。動画に書き込みができるので中毒性がありとても面白くユーザーの滞在時間がユーチューブなどより長いこともデーターとして出ています。
グーグルのユーチューブ買収額1900億円、ミクシーの時価総額1480億円。ニコニコ動画の未来の価値がいくらになるかわかりませんが、仮に1000億円とした場合、ドワンゴの株価は4倍に跳ね上がります。

まさに大爆発の可能性といったところでしょう。
登録日時:2007/10/02(19:39)

通報する

このブログへのコメント

1~7件 / 全7件

  • 通報する

    2007/10/02(21:46)
    ええと、自分が今一番気にしているのが最近ちょくちょく取り上げられるこの著作権に関する問題!
    行過ぎた自由による著作権の侵害を法律によってもっと強化すべきであるという…(まったくとんでもない事です)

    ミートタイガーさんはAllofMP3.com(ロシア)という音楽激安ダウンロードサイト(閉鎖)をご存知だろうか!?
    ユーチューブ、ミクシーとはタイプは違うが、その利用者規模は世界2位とも言われていた知る人ぞ知る有名なサイト。

    このサイトを閉鎖に追いやったのが著作権問題であり米国や他海外の著作権委員会の圧力であったと報じられています。
    *(実際には外交的な政治圧力もありロシア政府も長い沈黙をえて問題に着手した)
    このAllofMP3(閉鎖)もYoutubeも実際グレーゾーンであり何時規制が掛けられるのかが怖い問題であるでしょう。
    情報の自由とそれを守る側の規制、今後動向を見守って行きたいです。
  • 通報する

    2007/10/02(22:48)
    ロシアの音楽激安サイトなるものは知りませんでした。
    激安の以前に、ほとんどの違法サイトは音楽を無料でばらまいていますから。
    464JPという漫画を無料で閲覧させていたサイトも運営者捕まり閉鎖されましたね。
    閉鎖されたサイトの特徴は、完全に著作権のあるものだけを運営者が置いてばらまいていたという点につきると思います。
    これに対してユーチューブ、ニコニコ動画などは運営者が著作権のあるものを自ら置いているのではなく、ユーザーが投稿して置いているという大きな違いがあります。あと著作権のあるものも多数UPされていますが、そうでない面白いものも多数UPされています。
    ニコニコ動画の動画に書き込めるという機能はユーチューブを超える可能性があると思い注目しています。
    ニコニコ動画は、自主規制を宣言し規制に乗り出していますし(削除など)、個人的には著作権者にそれなりの対価を払えば将来的には解決できる話であると前向きに考えています(掲載されている販促物のバックマージンまたは広告料のバックなど)。
    著作権者に何も払わないで配布、閲覧させているというのは泥棒と同じですから改善が必要でしょう。
    私も上場企業がやってることとは思えないと思う反面、その成功した場合の価値の膨大さを考え、まさに投資の真髄であるリスクとリターンの関係だと考えています。
    リスクのないところにリターンはない。というやつです。
    ユーチューブ、ニコニコ動画の場合、著作権を無視して投稿しているのはユーザーですが、著作権を持つ側ももっとユーザーに提供する方法を考えるべきだとも思います。
    だめだだめだと言っても、現実には違法サイトや、ウイニー、WINMX、share、ライムワイヤーなど数限りないP2Pソフトが横行し限りなく著作権を無視しファイルを無料で交換拡散しています。
    著作権を持つ側も現実を鑑みて、グーグルやドワンゴのような企業と研究し新しい著作権料の取り方を考えるべき時期にきているだと思います。広告料などから莫大な収益が得られるのですから。

    訴訟リスクを抱えていますが、訴訟大国アメリカでユーチューブが成り立っている点を考慮するといけるんじゃないかと思っています。2チャンネルも相変わらず運営されてますし。仮にも顧問弁護士を擁する上場企業がやってることですから、それなりに法的なことは考えていると思います。2チャンネルでよく訴訟になっているのは、「削除してくれ」という依頼を出したにもかかわらず、運営サイドが削除しなかった、ということですしね。ニコニコ動画やユーチューブは著作権を持つものから指摘されたら削除するようなことを言ってました。

    いずれにせよこの問題はインターネットがある限り続く問題ですし、著作権を持つ側もユーチューブを所有するグーグルやドワンゴなどの企業と共同研究し新しい徴収方法を考えれば著作権を持つ側も利益になり前向きで生産性がある良いことだと私は思います。

    ながながとなりましたが、グレーゾーンでリスクもありますが株価が爆発する可能性もありますというところで駄文を終わりにします。
  • 通報する

    2007/10/03(11:19)
    7月に付けた135000の直近高値を昨日こえましたね。ここが下値支持線になれば大爆発あるかもしれませんね?。
    監視銘柄にリストアップします。
  • 通報する

    2007/10/03(19:37)
    ニコニコ動画若い人がよく見てるみたいですね(^^ゞ
    まわりの若いひとリサーチでは。。。(^^ゞ
  • 通報する

    2007/10/03(21:35)
    ニコニコ動画
    もっと発展して欲しいですね。
  • 通報する

    2007/10/03(21:54)
    JP shizuokaさん、miyupapaさん、みやまなさん、きゅうしゅう団地さん、コメントありがとうございます。
    ┌○ペコリ
    ちょっと興奮して失礼な文を書いてしまい失礼いたしました。┌○ペコリ>JP shizuokaさん
    監視していただけるとは光栄です(ちょっと自信があるので)。>miyupapaさん
    確かにユーザー層は若そうですね。>みやまなさん
    私も一ユーザーとして発展してほしいです。>きゅうしゅう団地さん

    あと、ユーザー数1110万人を抱えるミクシィの時価総額は現在1540億円です。

    このユーチューブ1900億円、ミクシィ1540億円という巨額の金額に目がくらんで目が曇っている私よりも、皆様のほうが私より客観的に冷静な判断を下せると思います。
  • 通報する

    2007/10/12(15:35)
    ドワンゴ場中に早くも20万円達成。



    動けば早いもんだ。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
売り優勢
+0.1%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

64.5 35.5
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,426.08

▼ -87.04

TOPIX

1,477.98

▼ -5.29

JASDAQ総合指数

118.92

▼ -0.75

米ドル/円

113.47

▼ -0.64

ユーロ/円

121.09

▼ -0.54

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ