agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ14199件目 / 全25319件次へ »

道路株が買われる・原料安と景気対策に期待



東亜道路工業(1882)が東証1部値上がり率上位に躍り出る一方、NIPPOコーポレーション(1881)、大林道路(1896)、世紀東急工業(1898)、大成ロテック(1895)、日本道路(1884)が高いなど、道路株が高い。
アスファルトなど原料価格低下からNIPPOの09年3月期営業利益は一転増益の見通しとなったと3月24日に伝わったが、各社、10年3月期以降も原料安メリットを享受するとの観測が根強い。
景気対策として道路、橋梁の補修工事需要拡大や前倒し執行の期待も。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/04/08(10:06)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。