agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ14567件目 / 全25319件次へ »

資源関連が高い・原油先物価格の上昇を材料視



国際石油開発帝石(1605)、新日本石油(5001)、住友金金属鉱山(5713)、三井物産(8031)、商船三井(9104)など資源関連が高い。東証業種別値上がり率で卸(商社)が1位、鉱業が4位、石油石炭が5位、海運が8位、非鉄が9位となっている。
米原油先物相場は19日に一時、1バレル=52.25ドルまで上昇し、昨年12月1日以来の高値をつけたことを材料視。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/03/23(09:55)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。