収益性
48
活発度
0
人気度
54
収益量
49
投稿量
64
注目度
50

はんちくさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ108件目 / 全686件次へ »

楽天、携帯アプリ対応遅い (機種変した話)

 今使ってる携帯がとにかく気に入らないので、購入から半年過ぎると同時に交換した。

 個人的な意見だが、AUに関してはシャ○プはダメだ。昨日まで使っていたのがシャ○プ製。
 日本語入力方式が不便。1時間おきの定期的な通信時の動作が、多機種に比べて重い。
 
 いろいろなメーカーの機種を使ったが、AUでは、日立の携帯が一番しっくりくる。
 薄型は、もはやありがた迷惑。握りづらくて仕方がない。
 
 多少厚くても重くても、機能も質感も良いもののほうがいい。

 日立製の、唯一気に入らない点は、自作の着うたのファイルサイズが500KB上限になっていること。
 音質を落とさず入れられるのは30-40秒まで。
 最新機種H001でも、その点変わっていなかった。

 シャープ製は、上限なしだったが。

 携帯をウオークマン代わりにもしないし、着信を30秒以上も鳴らしておくことはないから良いのだが、サウンドツールで、30秒分を切りとらねばいけないのが面倒。
 まあ、これは別にいいが。


 それにしても、携帯が高え。

 表示価格が「2-3万」だったら、
 「新しいもののほうがいいしな、買っちゃうか」
 という意識を呼び覚ますこともあるが、

 「5万ー6万」だと、
 「うわ・・・。今のが使えるうちは使おう」
 
 となる。

 俺も、今の携帯に満足していたら、無理して買わなかったろう。


 総務省指導は余計だったんじゃないのか?

 携帯が普及し尽くしてから、この方式にしてしまうと、ただでさえ頭打ちの携帯業界が、さらに冷え込むことになるだろうに。値段を見ただけで、買う気がなくなる。

 事実、ブースに客は俺しかいなかったし、お姉さんたちも暇そうだった。


 ユーザー側も、多少高めの通話料であっても、以前の仕組みのほうが良かったと思う人も多いんじゃなかろうか。
 新機種が出ても、乗り換えたいのに乗り換えられない人も多かろう。

 違う例えになるが、
 「月7万の家賃」と
 「年間84万の家賃」とでは、
 見た目に受ける印象は違う。

 トータルした支払い額が同じでも、買う側の「入りやすさ」は大事だ。

 以前の、端末価格通話料組み込み方式で、「長く使う人ほど損をする」のを是正したいのであれば、アシが出た携帯ローン分を、通話料の値引きにすればよかったろうに。

 このままじゃ、携帯会社が、端末開発に助成せねば成り立たなくなるぞ。実際そうなってるみたいだが。

 国は、やらないほうがいいことも平気でやるから困る。


 タイトルより、携帯の話のほうが長くなってしまったw

 
 楽天iSPEEDは、新機種が出てから、対応までに2ヶ月ー3ヶ月を要する。
 ちょっと対応が遅い。

 前ほど、個人投資家が活発じゃないからかもしれんが。

 対応されるまで、カードを入れ替えて、前の携帯を使わねばならない。

 AUは、ドコモ、SBと違い、カード入れ替えて、他人の携帯に憑依はできません。
 過去に自分が使っていた端末にならば、乗換えが可能。

 だから、AUに泥棒は入らなかった。

 中古携帯市場を作らせたくなければ、ドコモも、そういう形式にしたほうがいいと思うんだが。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/03/08(16:03)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。