収益性
62
活発度
0
人気度
50
収益量
50
投稿量
49
注目度
0

きじもりさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ19件目 / 全43件次へ »

大手企業でもあぶない

今実感してます。でも堅実なトップ企業でも経営者の判断や社会情勢次第でいつ転ぶかわかりませんよ、ええ。マクロ視点で「次に伸びる産業」あとは難しいですが「自分が定年するまで持続する産業」という視点で企業を選ぶほうがよいかもとおもってみるテスト。

例えば、前者でいえば環境技術とかナノテクとかかな?そして後者でいえば農業とか人に関する産業とか医療、介護ってのもあるのかな。両者を抱合する企業ってのはなかなか難しいですけどねえ。

【以下引用】
経済動向を不安視? 就活は大手企業よりも“堅実なトップ”志向へ

 景気悪化のため“就職氷河期”に突入するのでは? といった不安の声も出ているが、2010年3月卒業予定の大学生はどのような就職活動を行っているのだろうか?

 新卒採用情報などを提供するディスコによると、約7割の学生は志望業界を決めて活動しているが、昨今の経済情勢を受け、学生の志望業界が大きく変化していることが分かった。同社は2008年11月に学生の志望業界を調査しており、2位だった「商社(総合)」は8位に、また「自動車・輸送機器」も12位から18位へと順位を下げた。商社については資源需要が急速に落ち込んだこと、自動車・輸送機器は大幅な人員削減などが、順位を下げた要因と見られる。

 2月1日現在、学生によるエントリーシート提出の割合は71.5%と、同社が実施した昨年同時期の調査と比べ10ポイントも上回った。また面接や筆記試験を受けた学生の割合も前年よりも増えたが、エントリシートを提出した学生の平均提出社数は全体で5.4社と、同1.0社の減少。このことから「提出や選考の機会が前年より減少していることが推測できる」(ディスコ)

 また、就職活動ではどんなことを重視しているのだろうか。「業界トップの企業」(21.3%)または「大手企業」(30.6%)と回答した学生の割合(合計)は、前年とほぼ同じ。ただ「業界トップ企業」が増え、「大手企業」が減っていることから、「かつての売り手市場を背景とした楽観的な大手志向と、現在の経済動向を不安視し、“堅実”なトップ志向という違いが表れている」(同)

 インターネットによる調査で、2010年3月卒業予定の大学3年生1028人が回答した。調査期間は2月1日から2月9日まで。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/02/20(05:41)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。