EMHさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ55件目 / 全90件次へ »
ブログ

新幹線

先日新幹線に久しぶりに乗る機会がありました。
のぞみを利用しましたがその価格設定について不思議なこと。東海道新幹線(JR東海)はずいぶん前からぷらっとこだまという商品があり、各駅停車のこだまを利用すると、グリーン車であってもずいぶん安く利用することができます。ただ、各駅停車でのぞみの通過待ちなどがあるので、ずいぶん時間はかかります。利用者の側から考えると、時間を金で買うということで、のぞみが高いという合理的理由はあると考えられますが、サービスの提供者、つまりJR東海にとってもそうなのでしょうか。JRは装置産業なので固定費が非常に高いと考えられます。その固定費のひとつが、減価償却費。一単位あたりの減価償却費を抑えるには、使用頻度を高めないといけません。つまり、常に走らせることが重要であり、駅にとどめておくのは、無駄な行為であるわけです。その観点から言うと、のぞみはがんがん駅を飛ばしていきますから(たまに私の新幹線の利用駅新横浜もとまりません)、普通に考えて、回転数が高まるのでコストが下がるということになるはずです。車両を同じにすると電気代はともかく、車掌さんや運転手さんのコストなどはのぞみのほうが安くなるはずです。とはいえ、のぞみは新型車両、こだまはおそらく償却の終わった車両などふるいものを使っているのでしょう。私のような貧乏人にはこだまで使うような車両を使ったのぞみで、単価を安くしてほしいものです。
1件のコメントがあります
  • イメージ
    ヤーコンさん (対象外)
    2007/09/23(21:21)
    私も最近新幹線を利用するようになったのですが、新横とまらない、のぞみがあるとは知りませんでした。

    プラットこだま、安いので、先日乗りましたが、やはり時間がかかるのと、のぞみに比べると、すごくがたがたしますね。自由な時間えらべると、もっと使いやすいと思うんですが、やはり、のぞみの料金がもう少し安くなること望みたいです。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ