収益性
62
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
51

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ3009件目 / 全3578件次へ »

NY株急落、2ヶ月半ぶりの安値

791ca863c 

Yahoo!ニュースより以下抜粋。

-------------------------------

382ドル安=金融対策失望、2カ月半ぶり低水準〔米株式〕(10日)☆差替
2月11日1時0分配信 時事通信

 【ニューヨーク10日時事】10日のニューヨーク株式相場は、米政府が正式発表した金融システム安定化策が具体性に乏しかったために大きな失望感が広がり、急落した。ダウ工業株30種平均は全面安となり、前日終値比381.99ドル安の7888.88ドルと昨年11月20日以来、約2カ月半ぶりの安値で終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は66.83ポイント安の1524.73で引けた。

 ニューヨーク証券取引所の出来高は前営業日比4億9965万株増の17億5722万株。

 ガイトナー米財務長官は同日午前、包括的な金融システム安定化策を発表。金融機関が抱える不良資産を買い取るため、最大1兆円規模の官民共同基金を創設することや、経営不振に陥った金融機関への公的資金注入の継続などの措置を打ち出した。

 しかし、発表内容は事前に報道されていた範囲にとどまり、ガイトナー長官も記者会見で質問を受け付けなかった。このため、市場には「基金の規模や仕組みなど具体的な計画がまったく分からない」(中堅証券)との失望が広がった。

 また、オバマ政権が今週末をめどに成立を目指している景気対策法案は、米上院で可決されたものの、中身が異なる法案を可決した下院との協議が必要。このため、実行までには曲折が予想されるために売り材料視され、ダウは一時、同422ドル安まで値を下げた。(続)

-------------------------------

金融安定化法案の内容や採決の行方を巡り不安定な相場が続いていましたが、久々の急落。去年の乱高下を見てきたせいもあって400ドル安程度じゃ大した事ない下げに見えてしまうわけですが(^^;、率で見れば5%以上下げているわけで・・・日本市場は今日休みで良かったですね。こうした市場からの催促を受けつつ、景気対策は着実に進んでいるという印象なのですが(どちらかと言うと欧州が心配ですよね)、記事にもある今週末の景気対策法案の行方は要注目ですね。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/02/11(11:48)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。