収益性
42
活発度
0
人気度
54
収益量
49
投稿量
55
注目度
51

東京228堂さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ164件目 / 全273件次へ »

9月14日 「会社四季報」

TOPIX 1,544.71 +21.84
日経平均株価 16,127.42 +306.23

昨日のアメリカ市場は
NYダウ 13,424.88 +133.23
NASDAQ 2,601.06 +8.99
大幅高。新規失業保険申請件数が予想を下回ったことが
好感されたようです。

日本市場はアメリカ株高を受けて大きく上昇。
その後もドンドン値を上げ、結局日経平均は306円と大幅続伸。
16100円台復帰。なぜこんなに上昇する?FOMC来週だし、連休前だし。
メジャーSQが終わった安心感なのだろうか?
新興市場もそろって反発しましたが小幅。REITは反落しました。
為替は対ドル114円後半、対ユーロ159円後半。

中国市場は
香港 ハンセン指数 24,898.11 361.09 +1.47%
中国 上海総合指数 5,312.18 38.59 +0.73%

インド市場は
ムンバイ SENSEX30種 15,603.80 -10.64 -0.07%
インド NIFTY指数 4,518.00 -10.95 -0.24%

ベトナム市場は
ベトナム VN指数 930.46 9.15 +0.99%
今日のアジア市場は堅調な市場が多かったです。

ドバイ市場は
DFM Index 4,191.08 -12.23 -0.29%


今日は「会社四季報 2007年4集秋号が発売されました。
もう3ヶ月経過したんですねぇ。いろいろありました。

今回の四季報で注目記事は
「秋号のポイント」
3月期決算会社(金融を除く9全産業で見ると5.4%増収、
9.3%営業増益を予想。
為替などの大きな混乱が起きないかぎり、今後も企業業績は全体として
力強さを維持することが見込まれる。

「株主総会2007」
約2300社のデーターを元に、さまざまなランキングが掲載されていて、
直接投資につなげることはちょっと難しいけど、珍しいデーターなので
思わず見入ってしまった。

「付録別冊 付録編集部直伝「四季報」徹底活用術
3年後の成長企業を探ろう!」
第1章 3年後に伸びる会社を探ろう
第2章 会社ごとの傾向を知ろう
第3章 決算数字の中身を読む
ということで、優良株を探すのにとても役立ちそうです。

まだまだ混乱が続きそうな世界マーケットですが、
いいタイミングでいい株を仕込めるチャンスかも知れませんねぇ。

それでは今日はこれで失礼します。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/09/14(22:59)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。