株価

(08/18)
2,565.0
前日比 -13.0(-0.50%)
目標株価とは
年高値
年安値
STOP高
STOP安

目標株価

2,712
買い
2,704
割安
2,730
買い
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年

NTTドコモの関連ブログ

803

全文
  • ブログ

    番号変えない携帯会社の乗り換え(MNP)の利用数が24%減

    総務省は、電話番号を変えずに携帯会社を乗り換えられる「モバイルナンバーポータビリティー(MNP)」制度の2016年度の利用数が、前年度比24.5%減の468万件だったと発表したそうです。2012~15年度を下回る水準で、2016年4月に総務省が「実質0円」といった端末の安売りを規制した影響のようです。 MNPは利用者の利便性を高めるため、総務省が導入を決め、2006年10月にスタートしたもので、i
    ...続きを読む
  • ブログ

    「円盤が来た」 より (その4)

    ウルトラセブン第45話「円盤が来た」は、1968年8月11日に放送されました。 サイケ宇宙人ペロリンガ星人が登場します。 名前の由来は、舌で物を舐めるときの擬態語である「ペロリ」と思われます。 ちなみに、「ベロリンガ」という名前のポケモンがいます。 その得意技に「舌でなめる」というものがあるようです。 ウルトラ7株の8/10現在の売買サインは以下のとおりとなっております。投資結果には一切責任を取り
    ...続きを読む
  • ブログ

    ドコモと双日がAI活用で水質やエサを管理しマグロ養殖に一役

    双日は、マグロ養殖事業で、人工知能(AI)を活用する実証実験を始めたそうです。NTTドコモなどが開発した技術をもとに天候や水温によるマグロの変化を分析し、エサの量を調節して効率的な育成をめざすようです。 実験場所は、双日の完全子会社「ツナファーム鷹島」が運営する長崎県松浦市の養殖場で、マグロのいけすの水質や食べたエサの量などをドコモの技術で一括管理し、蓄積したデータからAIがエサの最適な量を割り出
    ...続きを読む
  • ブログ

    携帯3社の決算はスマホが堅調で2~6%増収も増益は1社

    携帯電話大手3社の2017年4~6月期連結決算が出そろい、スマートフォンの利用拡大を背景に主力の通信事業が堅調に推移し、ソフトバンクグループ、KDDI(au)、NTTドコモの3社がそれぞれ前年同期比2~6%の増収を確保したそうです。 純利益が増加したのはKDDIの1社にとどまり、3.8%増の1734億円だったそうです。グループ会社が手掛ける「UQモバイル」などの格安スマホが好調で、業績を支えたよう
    ...続きを読む
  • ブログ

    「恐怖の超猿人」 より (その4)

    1968年8月4日は、ウルトラセブン第44話「恐怖の超猿人」の放送日でした。 宇宙猿人ゴーロン星人が登場します。 名前の由来は、ゴーロン星人が化けていたサルのゴールデンライオンタマリンというサルの名前ではないかと思われます。 また、ゴリラ、ウルトラQに登場した巨大サルのゴロー等の可能性もありますね。 ウルトラ7株の8/4現在の売買サインは以下のとおりとなっております。投資結果には一切責任を取りませ
    ...続きを読む
  • ブログ

    「第四惑星の悪夢」 より (その4)

    ウルトラセブン第43話「第四惑星の悪夢」は、1968年7月28日に放送されました。 ロボット長官が登場します。 ロボット長官の名前の由来は・・・「ロボット」の「長官」です。 何のひねりもありません。 地球から120億万キロ離れた第四惑星では、自動化を進めて何もしなくなった人間が、ロボットにとって代わられてしまっていたという設定です。 地球でも最近は人工知能によっていろんな仕事がとって代わられていま
    ...続きを読む
  • ブログ

    ドコモの6月期決算は7%営業減益も社長は「計画通り」

    NTTドコモが発表した2017年4─6月期連結決算(米国基準)は営業利益が前年比7.0%減の2782億円にとどまったそうです。償却方法の変更で前年同期の利益が押し上げられた反動に加え、販売関連収支の悪化やネットワーク関連費用の増加も利益を圧迫したようです。 吉澤和弘社長は会見で「減益は計画通りで、年間業績予想に対しては順調な進捗になっている」と説明し、「減益は中間期まで続くが、コスト削減の成果は主
    ...続きを読む
  • ブログ

    「ノンマルトの使者」 より (その4)

    ウルトラセブン第42話「ノンマルトの使者」が放送された日は、1968年7月22日でした。 蛸怪獣ガイロスが登場します。 ガイロスは一般視聴者からの応募で銀賞に輝いた「ガイロス星人」作品を元にデザインされました。 その名前の由来は不明ですが、筆者の解釈では ガイ は ガイア(ギリシャ神話に登場する、母なる女神) からとっており、ロス は ギリシャ神話にででくる怪物の名前にありがちな接尾辞ではないでし
    ...続きを読む
  • ブログ

    本日のトレード銘柄

     ○日経120円ほど値上がりでも全然反応していない保有銘柄   ●前場●   ①証券コード:1928 積水ハウス 2000株    ②証券コード:9437 NTTドコモ 1000株    ③証券コード:9433 KDDI  1000株    ④証券コード:2685 アダストリア 500株    ●後場●    ①証券コード:2914 JT 500株    ○積水ハウスの権利確定日までギリギリ悩みそ
    ...続きを読む
  • ブログ

    「水中からの挑戦」 より (その4)

    1968年7月15日はウルトラセブン第41話「水中からの挑戦」が放送された日です。 カッパ怪獣テペトが登場します。 テペトは一般視聴者からの応募で金賞に輝いた作品を元にデザインされました。 その作品の名前は「回転サイボーグ デイクロス・レイザ」といいます。 テペトの名前の由来は一説には、回転 → 竜巻 → 嵐 → テンペスト(シェークスピア) → テペト となったのではないかと言われています。 ウ
    ...続きを読む
  • ブログ

    「セブン暗殺計画(後編)」 より (その4)

    ウルトラセブン第40話は、1968年7月7日に放送された「セブン暗殺計画(後編)」です。 分身宇宙人ガッツ星人が登場します。 ガッツは根性・勇気などと言う意味で使用されますが、元々、英語で腸を意味する「gut」が語源のようです。  ラケットや弦楽器なのの弦もヒツジなどの腸から作られているので「ガット」と呼びます。 腸から連想される「肝が座っている」「腹ができている」と言う理由で今のように使われるよ
    ...続きを読む
  • ブログ

    「セブン暗殺計画(前篇)」 より (その4)

    ウルトラセブン第39話「セブン暗殺計画(前編)」は、1968年6月30日に放送されました。 豪力怪獣 アロンが登場します。  ガッツ星人によってセブンの能力を分析するため送り込まれました。  最終的にアイスラッガーで首を切断されて倒されたが、倒されるまでにエメリウム光線や透視能力まで使わせた上に、ビームランプを点滅させるほど相当長時間闘ったようで、何気に強豪でした。 アロンの名前は、旧約聖書『十戒
    ...続きを読む
  • ブログ

    総務省が携帯3社に「契約内容の説明が不十分」と行政指導

    総務省は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社に対し、来店客に対する契約内容の説明が不十分だとして、改善を求める行政指導を行ったと発表したそうです。 総務省が委託した調査員が、3社傘下の販売店約300店舗で利用者にふんして説明を受ける「覆面調査」を実施したところ、料金プランや解約の仕組みなどの説明が不十分な店が多かったことが判明したそうです。 また、ドコモは電波状況が悪かった
    ...続きを読む
  • ブログ

    「勇気ある戦い」 より (その4)

    1968年6月23日は、ウルトラセブン第38話「勇気ある戦い」の放送日です。  強奪宇宙人バンダ星人が登場し、ロボット怪獣クレージーゴンを操って、地球上の自動車を回収しようとします。 バンダ星人の名前の由来は、山賊を意味する英語「Bandit」のようです。 バンダ星人は自分の星の鉄資源を使い果たし、深刻な鉄不足に陥ったため、鉄資源豊富な地球に鉄資源を盗むためにやって来たという設定になっています。 
    ...続きを読む
  • ブログ

    ドコモ社長が格安スマホに対抗し「1500円割引」対象機種拡大

    NTTドコモの吉沢社長は、格安スマートフォン会社への顧客流出を防ぐため今月から2機種のスマホに限定して始めた月額利用料金の1500円割引プランについて、「対象を増やすことを検討している」と述べ、機種を拡大する方針を明らかにしたそうです。 同プランでは、5分以内の通話が無料で、高速データ通信量の上限が2ギガバイトの契約の場合、月額料金が4320円(税込み)となるそうです。現在の割引対象は富士通と韓国
    ...続きを読む
  • ブログ

    マクドナルドのシステム障害が復旧し全客におわびドリンク提供

    日本マクドナルドの全店でポイントサービスなどが受けられなかった問題で、同社は21日、店舗のデータをやりとりするネットワークシステムの障害が復旧したそうです。システムの一部でマルウェア(悪意のあるプログラム)が見つかりましたが、詳しい原因は「調査中」(広報)とのことです。 システム障害で付与できなかったポイントを、さかのぼって利用者に付与することはしないかわりに、同社は「すべてのお客にご迷惑をかけた
    ...続きを読む
  • ブログ

    双日の株主総会は土産廃止の影響で参加者が9割減

    双日が20日開いた定時株主総会で会場を訪れた株主数は355人と昨年より9割減ったそうです。今年から株主向けのお土産を廃止したことが影響したようです。昨年までは焼き菓子などを配っており、株主の「参加者が少なくなったのはなぜか」との質問に対し、佐藤洋二社長は「驚いており、分析が必要だ」と答えたそうです。 総会は午前10時から東京・港のホテルで開かれ、昨年の参加者は2771人でしたが、今年は質問者も7人
    ...続きを読む
  • ブログ

    「盗まれたウルトラ・アイ」 より (その4)

    ウルトラセブン第37話「盗まれたウルトラ・アイ」は1968年6月16日に放送されました。  マゼラン星人マヤが登場します。 マヤの名は、釈迦(世尊)の母上で、浄飯王の摩耶夫人に由来します。 伝承では、摩耶夫人がお産で実家に里帰りする途中、ルンビニー園で産気づき右脇から釈迦を産んだとされています。 摩耶夫人は出産の影響で体調を崩し、1週間後に命を失いました。 本ストーリーでは、マヤが故郷の星の犠牲と
    ...続きを読む
  • ブログ

    米国ヤフー消滅でソフトバンクの次の戦略

     買収ストラテジストtokboekiの考えで現実化しているものではありません。 ベライゾンによる米国ヤフーの買収によりベライゾン傘下の米国ヤフーはアルタバと社名を変更して日本ヤフーの35.5%の重要事項の拒否権のある株主になりました。そこでソフトバンクの次の戦略を考えてみました。それはスプリントによる日本ヤフーのソフトバンク持ち分の買収です。それによりソフトバンクは約1兆3000億円の資金と売却益
    ...続きを読む
  • ブログ

    「必殺の0.1秒」 より (その4)

    1968年6月9日は、ウルトラセブン第36話「必殺の0.1秒」が放送された日でした。  催眠宇宙人ペガ星人が登場します。 名前の由来は、鳥のカササギを意味するポルトガル語(ペガ)ではないかと言われています。 カササギの別名にカチガラスがあります。 ペガ星人の姿がカラスに似ているのは、そのせいなのでしょうか。  百人一首の  「かささぎの 渡せる橋に おく霜の しろきを見れば 夜ぞ更けにける 大伴家
    ...続きを読む

もっと見る

NTTドコモ あなたの予想は?

NTTドコモの関連ブログ
【9437】NTTドコモ
あなたの予想を投稿してみましょう
メニュー
NTTドコモの関連ワード
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+6.6%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

67.8 32.2
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

19,470.41

-232.22

TOPIX

1,597.36

-17.46

JASDAQ

149.03

-1.00

米ドル/円

109.20

-0.35

ユーロ/円

128.44

---

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック