東証1部

株価

(11:15)
1,016.0
前日比 +2.0(+0.20%)
目標株価とは
年高値
年安値
STOP高
STOP安

目標株価

910
売り
割高
売り
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年

高島屋の関連ブログ

143

全文
  • ブログ

    ランドセル商戦がお盆にピークを迎え大容量、高機能が人気

    来春入学用のランドセル商戦がお盆にピークを迎えるようです。
    水色やピンクなどカラフルで、凝ったデザインが定着する中、今年は大容量や忘れ物対策など機能を強化した商品が注目を集めており、価格は5万円前後から7万円前後が多いそうです。
    京王百貨店によると、「ランドセルは祖父母に買ってもらうケースが約7割」といい、帰省で親子3代が集まるお盆が商戦の最盛期だそうです。

    総合スーパー「アピタ」を展開するユニーはオリジナルのランドセルの収納スペースを約20%広げたそうです。
    両手が荷物でふさがらないよう工夫した商品で、「前年比で約3割増の売れ行きだ」(広報担当)とのことです。

    イトーヨーカ堂も「たっぷり収納」をうたう商品を販売しているそうです。

    イオンのランドセルは、ベルトが付属し、背負ったり、肩に掛けたり、手に持ったりと3通りの使い方ができるそうです。

    ベネッセコーポレーションは、筆箱や縦笛、鍵など小物を収納する専用ポケットを設け、ランドセル内を整理し、忘れ物を少なくしようという商品で、7月末までに年間目標の約1.6倍を販売したそうです。

    あおぞら銀行の調査では、孫に買ってあげるランドセルの平均価格は5万400円だそうです。
    高島屋が扱う天然皮革の商品は、9万5040円で、付け替え可能なリボンをあしらっているそうです。

    イオンなども盛んにCMを放送していますね。
    平均で5万円超というのは高いですね。

    8028:6,050円、 3382:4,469円、 8267:1,697.5円、 9783:4400円、 
    8304:433円、 8233:1,020円
  • ブログ

    百貨店4月売上高は株高や訪日客が牽引し18カ月ぶり4社とも+

    大手百貨店4社が発表した4月の既存店売上高(速報)は、前年同月比0.8~2.9%増で、4社ともプラスになったのは平成27年10月以来、18カ月ぶりだそうです。
    訪日外国人客の活発な購買が全体を牽引し、「株高による資産効果で高級ブランド品の売り上げも好調」(高島屋)だったそうです。

    高島屋は、高額品の売れ行きも押し上げ要因となり前年同月比2.9%増で、J・フロントリテイリングは1.1%増と3カ月ぶりにプラスに転じたそうです。
    寒さが続き春物衣料の出足が鈍かった3月と比べると、4月は気温の上昇とともに婦人用のシャツ・ブラウスが伸びたようです。

    三越伊勢丹ホールディングスも0.8%増と微増ながらプラスを確保し、高額品のほか、帽子やスカーフなど夏物が好調だったそうです。
    そごう・西武も化粧品の下支えで1.5%増だったそうです。

    爆買いは落ち着いてきたと思っていましたが、まだまだ影響力はあるようですね。

    8233:1,032円、 3086:1,591円、 3099:1,210円
  • ブログ

    新年度に入りJR東・みずほ・ANA・パソナなどが土曜に入社式

    新年度がスタートした1日、土曜にもかかわらず、旧国鉄の分割民営化で会社が発足してちょうど30年を迎えたJR東日本などが入社式を開いたそうです。
    企業の競争が激しさを増す中、各社の経営トップは将来を担う新入社員に挑戦や団結の重要性を訴えたとのことです。

    さいたま市で開催されたJR東日本の入社式には約1800人が出席し、冨田哲郎社長は「自主自立、お客さま第一、地域密着という会社発足の原点を守りつつ、環境の変化に対して柔軟に自己変革して挑戦を続けていくことが大事だ」と訓示したそうです。
    JR東海の柘植康英社長も入社式で「失敗しても構わない。積極的に一歩前へ出て自分を試してみてほしい」と述べたそうです。

    1日付で就任した三越伊勢丹ホールディングスの杉江俊彦社長は、約250人を前に「今日から私も社長として新しいスタートを切った。一緒に会社をより良くしていこう」などと呼びかけたそうです。

    みずほフィナンシャルグループやANAホールディングス、ローソン、パソナグループ、高島屋も入社式を行ったそうです。
    トヨタ自動車、東京電力ホールディングスなど多くの企業は週明けの3日に入社式を開く予定だそうです。

    うちの会社もたしか3日に入社式を開くはずです。
    私も入社当時の意気込みを思い出して仕事をしようかなと思っています。

    9020:9,694円、 9022:18,140円、 3099:1,222円、 8411:204円、 9202:339.8円、
    2651:7,550円、 2168:800円、 8233:974円、 7203:6,042円、 9501:436円
  • ブログ

    トランプ相場で財布のひもが緩くなり百貨店の初売りが好調

    百貨店大手4社は、平成29年の初売りがおおむね好調だったと発表したそうです。
    米トランプ次期大統領の政策に対する期待感などから円安株高が続いており、高島屋など3社は前年よりも売上高がプラスで、三越伊勢丹ホールディングスも前年並みだったそうです。

    高島屋の2~3日の全店売上高は在庫品一掃セールの効果が大きく、前年比1.8%増で、株高の影響で高額品が売れたほか、訪日外国人向けの免税品販売も好調だったそうです。

    J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店も2~3日の全店売上高は1.0%増で、海外の高級ブランド品などが好調だったそうです。

    そごう・西武は西武池袋本店の1日の売上高が5%増だったそうです。

    国内店の約半数が3日に初売りだった三越伊勢丹も、詳細な集計はこれからですが、前年並みとのことです。

    円安株高で、各社とも初売りは良い滑り出しでしたが、昨年12月の既存店売上高(速報)は、3社が前年同月に比べて減少しており、化粧品や高額品が伸びたものの、衣料品が振るわなかったようです。

    今日の大発会は400円以上上がりましたね。
    先ほどテレビで見た某大手証券会社の社長は23000円まで上がると見込んでいるようですが、どこまでいくでしょうね。

    8233:996円、 3086:1,650円、 3099:1,332円
  • ブログ

    大手百貨店の11月売上高は高額品低調で5社中4社が減収

    大手百貨店5社が1日発表した11月の売上高(既存店ベース、速報値)は5社中4社が減収だったそうです。

    気温が低かった影響で婦人・紳士コートが売れたものの、宝飾品や時計など高額品は低調だったそうです。

    前年に比べ日曜日が1日少ない面もありますが、長引く消費低迷で百貨店を取り巻く状況は厳しさを増しているようです。

     

    三越伊勢丹は前年同月比2.7%減だったそうです。

    主力の衣料品は伊勢丹新宿本店など旗艦3店で婦人コートが5%増、紳士コートが約15%増の一方、婦人ジャケットは1割減で商品によってばらつきが出たそうです。

    宝飾品や時計は苦戦しており、インバウンド(訪日外国人)売上高は15%減ったそうです。

     

    そごう・西武は4.7%減でジャケットやニットなどの衣料品が伸び悩んだそうです。

     

    4.4%減だった大丸松坂屋は、婦人服については13カ月ぶりにプラスに転じましたが、「消費者の節約志向は変わらず、この傾向が続くかは不透明」とのことです。

     

    阪急阪神百貨店はインバウンドの落ち込みを婦人コートやジャケットが補い、全体では1.4%減だったそうです。

    好調の化粧品に加え、マフラーや帽子などの雑貨も売れ、100万円以上の商品は前年並みですが「時計の低迷を婦人バッグが下支えしている」(阪急阪神百貨店)とのことです。

     

    唯一の増収は高島屋で1.3%増となり、腕時計を専門に扱う「ウオッチメゾン」が開業した大阪店が3.7%増とけん引したようです。

    インバウンドは化粧品売上高が2倍になるなど好調が続き、9.2%増えたそうです。

     

    爆買いは減ってきたようですね。

     

    3099:1,279円、 3086:1,647円、 8242:1,725円、 8233:955円

  • ブログ

    5月の大手百貨店の売上げは主力の婦人衣料低迷で5社揃って減収

    大手百貨店5社が1日発表した5月の売上高(既存店ベース、速報値)はそろって減収だったそうです。

    主力の婦人衣料が低迷するなか、土曜日が前年より1日少なかったことも響いたようです。

    売上げを底上げしてきたインバウンド(訪日外国人)の客単価が下落し、時計や宝飾品などの高額品の販売も振るわなかったそうです。

     

    5社そろっての前年割れは2014年の消費増税前の駆け込み需要の反動で大きく落ち込んだ2015年3月以来だそうです。

     

    三越伊勢丹は前年同月比8.7%減で、衣料品などが伸び悩み、3カ月連続のマイナスとなったそうです。

    紳士のカジュアルパンツや帽子に動きはあったものの、首都圏の婦人衣料の売り上げが2カ月連続で1割減と苦戦したそうです。

    訪日客数は全国の店舗で1割増だったものの、客単価は2割減で、「新しく来た客が化粧品など消耗品売り場に行き、宝飾品や時計を買わない傾向になっている」とのことです。

     

    大丸松坂屋は7.2%減、そごう・西武は3.9%減で、大丸松坂屋はインバウンド向け売上高が3カ月連続マイナスとなり、2カ月連続の3割減と落ち込みが目立ったようです。

     

    高島屋は衣料品の不振を大阪店や新宿店のインバウンド需要が下支えし、全体では1.7%のマイナスで、阪急阪神百貨店は1.7%減と4カ月ぶりの前年割れだったそうです。

     

    3099:1,072円、 3086:1,329円、 8233:777円、 8242:1,677円

  • ブログ

    2月の百貨店売上高は春節爆買い効果で3社が売上増

    百貨店大手4社が1日発表した2月の既存店売上高(速報値)は、店舗の建て替え・改装工事中のJ・フロントリテイリングを除き、3社が前年同月を上回ったそうです。

    中国の旧正月にあたる春節休暇(2月7~13日)で、訪日外国人客による消費が押し上げたようです。

     

    三越伊勢丹ホールディングスは前年同月比2.1%増と、2カ月ぶりのプラスとなり、訪日外国人売上高は約2割増加したそうです。

    同様に高島屋は1.5%増と3カ月連続のプラスで、訪日外国人売上高は化粧品などの好調で約3割伸びたそうです。

    そごう・西武は4.0%増だった一方、J・フロントリテイリングは3.5%減でしたが、訪日外国人売上高は1%増となったそうです。

     

    ただ、中国景気の低迷やリピーターの増加などから「売れ筋は従来の高額品から化粧品などの低価格品にシフトしている」(三越伊勢丹)との声もあったそうです。

     

    心配はあったものの、まだまだ爆買い効果は大きいですね。

     

    3086:1,360円、 3099:1,343円、 8233:917円

  • ブログ

    マイナス金利で新たな運用先として百貨店「友の会」積立てが人気

    マイナス金利による利回り低下で、銀行預金にかわって、百貨店にお金を積み立てると商品券などがもらえる「友の会」の入会者が急増しているようです。

    日本百貨店協会の井出陽一郎専務理事は19日の記者会見で、百貨店各社への問い合わせが急増したことを明らかにしたそうです。

    「友の会」の積み立ては、金利換算で年8%以上に相当する場合もあり、消費者の“資産運用”の新たな選択肢となっているようです。

     

    大丸松坂屋百貨店では、友の会に関する問い合わせが1~18日の累計で前年同期比5倍に急増し、新規入会者数も2倍となったそうです。

     

    高島屋では月3万~5万円の高額な積み立てコースに人気が集まり、3万円コースは1~17日の累計で前年同期比4倍、5万円コースは同1.9倍の入会があったそうです。

     

    このほか京王百貨店でも「今まで少なかった男性からの問い合わせが増えている」とのことです。

     

    友の会は、毎月3千~5万円を一定期間積み立てると、合計金額以上の商品券や買い物カードが受け取れる仕組みで、例えば積立期間12カ月の場合、満期時に13カ月分の積立金に相当する金券を受け取れるとのことです。

     

    銀行預金金利が限りなく0に近づいたいま、利回りとしてはかなり高いですよね。

    バーゲンで使えば、さらにお得感は高まるでしょうね。

     

    3086:1,330円、 8233:911円

  • ブログ

    中部空港で「名古屋にいりゃあせ」と外国人客に情報誌を配布

    中国の旧正月、春節の8日、中部空港で、名古屋市内の百貨店や量販店の関係者らが外国人向け情報誌「名古屋ナビゲーター」を旅行客らに配ったそうです。

    情報誌はジェイアール東海高島屋や大丸松坂屋百貨店、名古屋三越、ドン・キホーテ、マツモトキヨシなどが昨年7月に立ち上げた名古屋インバウンド実行委員会が発行し、この日、各店の従業員が振り袖や制服姿で到着客らが詰めかけるロビーで手渡したそうです。

    観光や買い物、グルメ情報をまとめ、英語、中国語など5カ国語で計10万部を発行しており、ホテルや観光案内所などでも配るそうです。

     

    実行委の中村好明委員長は「国内ではライバルでも、インバウンド客に対してはみな仲間。結集することで名古屋を広くPRすることができる」と話したとのことです。

     

    たしかに今日の昼食時にツアー客で貸し切りになっていたお店がありました。

    名古屋も爆買いで潤うかもしれませんね。

     

    9022:22,480円、 8233:988円、 3086:1,566円、 3099:1,431円、 

    7532:3,750円、 3088:5,380円

  • ブログ

    食品と「爆買い」が支えでコンビニ、百貨店の11月期決算が好調

    スーパー、コンビニエンスストア、百貨店の2015年3〜11月期決算が出そろい、全社が前年同期比で増収、本業のもうけを示す営業利益も増益を確保したそうです。

    中でも弁当や総菜に強いコンビニエンスストアや、訪日外国人客による「爆買い」の恩恵を受けた百貨店が好調だった半面、衣料品や雑貨を扱う総合スーパー部門は不振が続くなど、「個人消費は力強さを欠く」(イオン)と脆弱性を指摘する声が聞かれたようです。

     

    イオンは食品スーパーとドラッグストア事業、セブン&アイ・ホールディングスは傘下のコンビニ、セブン―イレブン・ジャパンが全体の収益拡大に寄与した一方、イオン、セブン&アイとも総合スーパー部門は、昨年11月の高気温や専門店への客流出などが響き、営業赤字を計上したそうです。

     

    セブン―イレブンを含むコンビニ3社は、弁当や総菜などの調理済み食品のてこ入れにより、働く女性や高齢者の支持を集め、いずれも既存店の売上高を伸ばしたそうです。

     

    J・フロントリテイリングと高島屋は、外国人向けの免税品と富裕層向けの高額品の販売が好調だったそうです。

    高島屋の村田常務は、消費税引き上げ後の消費動向について「こだわりのものにはお金を払うが、それ以外は買い控える傾向が定着した」と分析しているようです。 

     

    たしかに自分自身にもそういう傾向はありますね。

     

    8267:1,592.5円、 3382:5,107円、 3086:1,645円、 8233:1,016円

  • ブログ

    百貨店の初売りが好調で高額な福袋、酒や食品が売れる

    大手百貨店の今年の初売りは高額な福袋や食品などに人気が集まり、好調な滑り出しとなったようです。

     

    訪日外国人客も売り上げを下支えしているようです。

    個人消費は盛り上がりに欠けていますが、目当ての商品には出費を惜しまない傾向もうかがえるようです。

     

    伊勢丹新宿本店では3日の初売りで福袋を昨年より1割程度多い約4万3000個用意し、午前中でほぼ売り切れとなったそうです。

    オーダーメイドの紳士スーツ(税込み10万8000円)など高額な福袋の人気も高く、3日の売り上げは前年を約7%上回る見込みだそうです。

     

    日本橋高島屋では真珠のネックレス(税込み50万円)や振り袖セット(同)といった高額福袋が完売したそうです。

     

    大丸東京店ではワイン3本セット(税込み約12万円)など高額な酒や食品がよく売れ、2日の初売りの売上高は前年比10%増の見込みとのことです。

     

    この調子で今年1年うまくいくといいですね。

     

    3099:1,586円、8233:1,094円、3086:1,766円

  • ブログ

    初売りが始まり外国人が存在感示すも都市と地方で売上げ二極化

    全国の多くの百貨店や商業施設で2日、初売りがあり、買い物客でにぎわうなか存在感を示したのが外国人観光客で、各社は今年も「爆買い」に期待しているようです。

    都市部では売上げの出足は順調ですが、地方では高額品が売れにくいなど二極化もみられたようです。

     

    高島屋大阪店では8千人以上が並び、予定を20分早めて午前9時10分に開店したそうです。

    2日の売上げは推計で昨年同日の5%増だそうです。

    富裕層向けの高額な宝飾品などに加え、外国人観光客向けも好調だったようです。

    赤サンゴのネックレスといった外国人に人気の商品を集めた1200万円の福袋も用意し、免税カウンターの処理能力を高め、中国語の案内も充実させたそうです。

     

    ほかの百貨店や家電量販店でも、外国人向け福袋を準備するなど、爆買いを取り込もうとしているようです。

     

    近鉄百貨店あべのハルカス本店では2日、宝石セットなどの888万円と300万円の福袋が売れたそうです。

     

    松屋銀座では、仏高級ワイン「ロマネ・コンティ」6本セット(972万円)の福袋が開店15分で売れたそうです。

     

    株高もあって都市部では、富裕層の消費が堅調な一方で、地方では高額品が伸び悩み、手ごろな値段の衣服や生活雑貨が売れているとのことです。

     

    天満屋岡山店は、昨年までは絵画などの2千万円を超える福袋がありましたが、今年は約300万円のものが最高額で、担当者は「高額品の消費が落ち着き、地元名産品のものに力を入れた」そうです。

     

    金があるところにはあるんですね。

    私は福袋こそ買いませんでしたが、釣具屋さんの初売りで、ロッド(竿)とリールで計4万円の散財をしてしまいました。

     

    8233:1,094円、 8244:330円、 8237:1,246円、 9846:1,038円

  • ブログ

    百貨店等の冬商戦は衣料品・暖房器具が暖冬に泣くも高額品が好調

    官公庁や企業でボーナス支給が始まり、百貨店などでは冬商戦が本格化しており、暖冬の影響で冬物はふるわないですが、高級品の売れ行きは好調なようです。

    経団連のまとめによると、大手企業が支給する年末のボーナスは昨年冬より3%増えるとされ、消費拡大への期待が高まっているようです。

     

    高島屋大阪店では、11月1日〜12月9日の売上高が前年同期比3%増となったそうです。

    天候が不安定で婦人服、紳士服などの衣料品が微増にとどまる一方で、「輸入高級腕時計が牽引し、宝飾・時計が全体の売り上げを押し上げている」とのことです。

     

    大丸心斎橋店は「外商や訪日外国人を中心に高額品の販売が好調」で、大丸梅田店も「宝飾・時計の前年同期比では依然2桁パーセント増の高い伸びを維持している」とのことです。

     

    家電量販店でも暖冬で暖房器具の販売は伸び悩むものの、デジタル家電を中心に高級品、高額品の売れ行きが好調なようです。

     

    ヨドバシカメラマルチメディア梅田では50型前後の大型4Kテレビが前年同期比で40〜50%増の販売で推移しており、価格の下落や、エコポイント制度適用時に購入されたテレビの買い換え需要が増えているようです。

    デジタルカメラでも、安価なコンパクト型の販売が伸び悩んでいるものの「ミラーレス一眼や一眼レフといった高級機種が売れている」とのことです。

     

    ビックカメラなんば店では、オーディオ関連の販売が好調で、CD音源よりも高音質の音源「ハイレゾ」関連の商品で、1万円以上の高級イヤホン、ヘッドホンなどが売れているそうです。

    このほか加湿器もカラフルな色や、木目調などのインテリア性を重視した商品が受けているそうです。

    ビックカメラの担当者は「ある程度価格帯が上がっても、納得できる機能・品質の商品を買う傾向にある」そうです。

     

    8233:1,053円、3086:1,834円、3048:1,059円

  • ブログ

    今週の大化け候補

    今週の大化け候補(銘柄コード )
    FVC(8462)
    AppBank(6177)
    安川電機(6506)
    日立国際電気(6756)
    髙島屋(8233)
    フジクラ(5803)
    アイスタイル(3660)
    ETF・225(1320)
    大同特殊鋼(5471)
    そーせいグループ(4565) 

    実際の株式売買は、ご自身の責任においてお願い致します。
  • ブログ

    今週の大化け候補

    今週の大化け候補(銘柄コード )
    テンプHD(2181)
    TPレバレッジダブル(1568)
    いすゞ自動車(7202)
    安川電機(6506)
    髙島屋(8233)
    日立国際電気(6756)
    フジクラ(5803)
    クレディセゾン(8253)
    日立建機(6305)
    DMG森精機(6141)

    実際の株式売買は、ご自身の責任においてお願い致します。
  • ブログ

    百貨店がお歳暮商戦で地方の高額食材に力点

    年末に向けた「お歳暮商戦」が本格化しているようです。

    大手百貨店などは、地方の食材を使った高額商品に力を入れているようです。

     

    そごう・西武は、兵庫県・明石産の真鯛を使った鯛ご飯(税込みで1万6200円)などを品ぞろえしたそうです。

     

    高島屋は、三重県産の伊勢エビやカキを使った炊き込みご飯など、1万円前後の商品を充実させており、担当者は今年の傾向について、「通販でも買えないような名産品が見直されている」そうです。

     

    三越は大分・国東半島の高級シイタケが入った「わっぱめし」を販売するそうです。

     

    高額商品に力を入れているということは、それだけ景気も回復してきているということなんでしょうかね。

     

    8233:1,087円、 3099:1,955円

  • ブログ

    9/25 権利確定日は上昇

     25日の相場の結果は、

    指数           現在値            前日比     前日比率
    日経平均     17,880.51     308.68     1.76%
    TOPIX        1,453.81      26.84        1.88%
    JPX日経     13,037.40     236.65     1.85%
    インデックス400
    JASDAQ平均    2,490.12    0.55      0.02%
    マザーズ指数    763.49      7.46       0.99%

    となった。
      9月の権利確定最終売買日だったため、買いも入り上昇した。
      本日注目していた銘柄は、
    コード     銘柄               終値     前日比     始値     高値     高値―始値
    2370     メディネット     174       21        154     199       45
    7836     アビックス        166       19        151     179        28
    2438     アスカネット     2,270    161     2,100   2,338    238
    9508     九州電力           1,349     89       1,275   1,351    76
    8256     プロルート丸光    205     17        189      212      23
    2929     ファーマフーズ    323     21        301      323      22
    4547     キッセイ薬品工業   2,836  165    2,707  2,850    143
    9624     長大                    485     46        445      485       40
     であった。
     昨日注目していた銘柄の、本日の結果は、

    コード     銘柄        終値        前日比     始値     高値       高値―始値     始値ー前日
    4911     資生堂       2,614      69.5     2,542    2,665.50     123.5     -3
    6786     RVH       669          9          659       671             12           -1
    4080     田中化研    1,060     -83        1,143    1,209         66             0
    2303     ドーン        818         4          840       841             1              26
    3248     アールエイシ   648    -38       650       664             14          -36
    6062     チャームケア   1,385 -29       1,384    1,397         13          -30
    2674     ハードオフ   1,514     36        1,475    1,515         40          -3

    であった。
     となった。  昨日挙げた銘柄の結果は、
    コード     銘柄                   終値         前日比     始値     高値     高値―始値
    3398     クスリのアオキ     6,110     10         6,070     6,130     60
    9059     カンダホールディングス     668     26     642     668     26
    となった。
     本日の銘柄は、 

    が、あがっている。
    (RSS修正)
  • ブログ

    優待取り

    高島屋

    権利獲得最終の8月26日に初信用取引

    つなぎ売りしてみた
    行ってこいの手数料最小の5日返却にしたけど
    これがBestだったかよくわからない。

    権利落ち日はさほど下がらず今日が底かもっと下がるか。

    今日、張り付いて見てられなかったのが痛い。
    10円は安くいけたはず。

    値動きをリアルで見れる方法が必要だよね
  • ブログ

    日経225∩JPX日経400 小売業

    日経225JPX日経400でもある6社/158社

    小売業
    3086 J.フロント リテイリング           3086
    3009 三越伊勢丹ホールディングス           3099
    3382 セブン&アイ・ホールディングス         3382
    8233 高島屋                     8233
    8267 イオン                     8267
    8270 ユニーグループ・ホールディングス
    9983 ファーストリテイリング             9983
  • ブログ

    6月の百貨店大手売上は訪日外国人効果と高額消費で3カ月連続+

    百貨店大手4社が1日発表した6月の既存店売上高(速報)は、各社とも3カ月連続で前年同月を上回る結果となったそうです。

    消費税増税の影響で消費が急減した昨年からの反動に加え、訪日外国人の消費が大きく伸びたそうです。

    品目別では株価の上昇基調に伴う資産効果もあり、高級時計や宝飾品、化粧品などが堅調だったそうです。

     

    三越伊勢丹は前年同月比で6.4%増となり、訪日外国人の来店が多い三越銀座店は32.8%増と大幅に伸び、三越日本橋本店は、100万円以上の時計や宝飾品の販売が約38%増えたそうです。

     

    大丸松坂屋百貨店などを傘下に持つJ・フロントリテイリングは、1.7%増で、美術や宝飾品が33.9%増だったほか、訪日外国人の免税売り上げが全体に占める割合は約5倍の5.1%に伸びたそうです。

     

    高島屋も免税売り上げが前年比約4倍と好調で1.4%増となり、そごう・西武は0.1%増だったそうです。

     

    消費増税から1年以上経過し、その影響は減ってきているようですね。

    爆買いも好影響を及ぼしているようですね。

     

    3099:2,292円、 3086:2,410円、 8233:1,137円

もっと見る

高島屋の関連ブログ
【8233】高島屋
あなたの予想を投稿してみましょう
メニュー
高島屋の関連ワード
最新24時間の予想傾向(%)
売り優勢
+0.9%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

67.3 32.7
個人投資家の予想(新着順)
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

19,708.31

-20.96

TOPIX

1,615.50

-0.50

JASDAQ

149.73

+0.82

米ドル/円

109.76

-0.42

ユーロ/円

129.34

-0.32

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック