収益性
54
活発度
56
人気度
52
収益量
51
投稿量
95
注目度
58

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ107件目 / 全1732件次へ »
ブログ

霊能者のような眼をした女

教授はその朝、まったくいつものようではなかった。

雅彦や佳奈やすま子にいつもの陽気な挨拶もせず、笑顔さえなかった。

読むための新聞も、今朝は持っていない。

さいわい空いていたいつもの席へ、いつになく重おもしい足取りで彼は歩いた。

彼の眼は宙空を見あげるように上を向き、黒眼がふらふらと泳いでいた。

初めて彼を見る人間にとってさえ教授のその様子は異様に見えた。

 

*************************************

★「モナドの領域」

  筒井康隆著 新潮社 2015.12.5.発行

 

この教授、結野楯夫は西洋美術の先生なのだが、

ある存在に憑依されて、不思議な目つきをするようになった。

人と話している時でも、その眼は宙空をふわふわと見つめており、

相手に目を合わせようとはしないのだった。

 

筒井康隆は若いころ、星新一らとよく茶店でたむろしていたという。

そこで培われたであろう、新一風のユーモアに触れることもできるし、

内容も想像していたよりずっとオモロイので、

あっという間に読めてしまう作品だ。

 

途中、カラマーゾフの兄弟をパロった裁判風景などあり、

さも冗談であふれたかのような描写が続くのだが、

その内容は、けっこう深いモノで、

神学・哲学・物理学・数学などなど

よほど学んでいないと書けないところが心憎い。

なので、そー簡単には真似できないと思われる。

 

    *

 

この作品を読む前に、

オイラは「婆's バー麗子」にて、

昨日入ってきたばかりだという女の子と話した。

なんでも、美術を専攻していて、

抽象画を手がけているのだという。

 

ところがこの女の子、

目つきが普通じゃなかった。

オイラと会話していても、

その目を合わせることはなく、

結野教授のように、その視線はふわふわとあっちを向いている。

どーも、オイラの背後を見つめているようだ。

(これも、セレンディピティっていえば、そーなのかも知れない)

 

オイラは、なんだかこの女の子は霊能者なんじゃなかろうかと思って、

密かにビビりながら会話したのだが。

 

「人工知能を抽象画で描いて、IBMに売り込め」

などと思いつきを言うと、

けっこう真剣にオモロがってくれるのだが、

その視線は相変わらずオイラの背後を見つめている。

 

冗談など言ってみて、その子が笑ったとしても、

その視線はやっぱりオイラの背後を見つめている。

 

けれども、会話の様子や雰囲気からして、馬鹿にされているようには感じない。

芸術家って、変わった人が多いね。

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。