天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ338件目 / 全3483件次へ »

2015年8月7日(記録のみ)

日経平均 ; 20724.56 (+60.12、3日続伸)
TOPIX ; 1679.19 (+5.61、8日続伸)
JASDAQ指数; 2757.68 (-26.96)
マザーズ ;930.80 (-1.44、2日続落)

本日も記録のみ。TOPIXは5月15日~6月1日の12連騰以来の8連騰!今年は一本調子で上昇する事が多いですね。新興が下落しているせいで、私のPFはさっぱりですけど(^^;

------------------------------

日経平均60円高と3日続伸、2万700円台を回復、TOPIXは8連勝=7日後場
8月7日(金)15時30分配信 モーニングスター

 7日後場の日経平均株価は前日比60円12銭高の2万724円56銭と3日続伸。終値での2万700円台は7月21日(2万841円97銭)以来の高値水準となる。昼休みの時間帯に日経平均先物が下げ渋った流れを受け、後場寄り付きから買いが先行し、プラス転換で始まった。序盤は先物主導で買われたが、決算絡みの好業績株物色も根強く、徐々に上げ幅を広げ、午後2時59分には2万754円00銭(前日比89円56銭高)を付ける場面があった。後場の中国・上海総合指数の堅調推移や、円相場が対ドルでやや伸び悩んだことも下支え要因として意識されたもよう。

 一方、TOPIX(東証株価指数)は1679.19ポイント(同5.61ポイント高)と8日続伸。5月15日-6月1日の12連勝以来の連続高となった。東証1部の出来高は23億1336万株、売買代金は2兆8199億円。騰落銘柄数は値上がり838銘柄、値下がり936銘柄、変わらず115銘柄。

 市場からは「後場寄り付きの買い主体は不明だが、決算はおおむね良好で好決算銘柄買いの動きが指数を支えた面はある。仮に米雇用統計を無事通過したとして、高値更新に向けて誰が上値を買いに行くのか注目される」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、東京海上 <8766> 、第一生命 <8750> などの保険株が上昇。15年9月中間期の連結業績予想を上方修正したLIXILG <5938> や、洋缶HD <5901> などの金属製品株も堅調。第1四半期(15年4-6月)の連結決算で黒字転換の五洋建 <1893> や、大成建 <1801> などの建設株も高い。同セクターでは、15年9月中間期および16年3月期の単体業績予想を上方修正して期末配当増額のイチケン <1847> も値を飛ばした。東レ <3402> などの繊維製品株や、太平洋セメ <5233> 、住友大阪 <5232> などのガラス土石株も高い。

 個別では、第1四半期(15年4-6月)の連結決算で営業利益2.8%減もSMBC日興証券がポジティブ印象としたフジシール <7864> がストップ高。15年6月中間期の連結決算で営業利益2.2倍のKLab <3656> 、第1四半期(15年4-6月)の連結決算で営業利益2.3倍の島津製 <7701> 、15年9月中間期および16年3月期の連結業績予想を上方修正したDNC <4246> などの上げも目立った。

 半面、JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株や、近鉄エクス <9375> 、上組 <9364> などの倉庫運輸関連株が下落。アステラス薬 <4503> 、大正薬HD <4581> などの医薬品株も売られた。JR西日本 <9021> 、ヤマトHD <9064> などの陸運株や、良品計画 <7453> 、ケーズHD <8282> などの小売株も安い。

 個別では、直近連騰・上場来高値更新のチムニー <3178> が決算発表をきっかけに利益確定売り優勢となり、値下がり率トップ。第1四半期(15年4-6月)の連結決算で営業利益88.0%減のサンケン <6707> も下落。同四半期の連結決算で、営業利益45.3%減の豆蔵HD <3756> や、営業利益0.6%減の三信電気 <8150> などの下げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、24業種が上昇した。


------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2015/08/07(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。