元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ210件目 / 全1700件次へ »

薬屋主導な自己治療

それは心の病とか、アルコール依存の治療ではなくって。

 

以前にブログでも書いたことがあるけど、

オイラは学生時代に1年くらい空手をやってみたことがある。

体は硬いし、型を覚えられないというアホっぷりだったので、

辞めた。

 

けれど、それなりに練習しているうちに、

足の裏に床で擦ったことによる傷とタコができていた。

 

そのまま放置して数年が経つと、

タコによって歩行も困難なほどになってきた。

それに加えて、爪の色も黄色く変色してきて巻き爪になり、食い込んできて痛い。

 

そこで、横浜スタジアムに隣接しているフットケアの店に通うようになる。

巻き爪のケア方法は確立しているものの、

その前に皮膚科に行って、水虫の否定をしてきてくれないと処置出来ないと言われる。

 

かゆみもないし、水疱などもできていない。

面倒なのでその後、フットケアに通うのを止めてさらに放置。

 

マツキヨに転職してから、

ひび割れに効く尿素系軟膏を塗るも、まったく改善なし。

「ひょっとして?」

と思い、抗白癬菌薬剤を使用してみた。

 

それはラノコナゾールという成分の一般医薬品で、

その軟膏によってなんと3週間ほどで、足の裏のひどかったひび割れが綺麗になった。

同様の液剤を使用して、爪にも塗ってみたのだが、

こちらは少ししか改善が見られないでいた。

(けれども、爪の色は汚い黄色から、本来の爪の色を取り戻しつつあったし、

 巻き爪もかなり改善されてきてはいた)

 

     *

 

調剤をしていて、

病院時代以来、久しぶりにイトリコナゾールという白癬菌に効く飲み薬を触ることになった。

添付文書を見ていたら、爪白癬に効く「パルス療法」なる治療法が眼に入った。

「やってみたい」

と思って、自己責任で売価100%で自己購入してみるも、

「パルス療法」ではない「通常療法」でも、金額が高くってやってられないと判明。

医者にかかることにした。

 

そこで、自宅近隣の御所見総合病院へ電話をした。

専門の皮膚科医が病欠で、4月にならないと復職出来ないという。

オイラは内科の医師でイイから紹介してくれないかとねだった。

 

病院へ行くとアンケートに治療の希望を書かされた。

イトリコナゾールによるパルス療法と記載して提出、

医師の診察が始まった。

 

    *

 

「わたしは専門じゃないから、4月まで待った方がいいよ」

ベテランで紳士的にみえる医師は、にべもなく言った。

オイラはそれまでの足の経緯と、イトリコナゾールの添付文書を医師へみせた。

「おいおい、君はどこでこんなものを手にしたんだ?」

オイラは職業を明かして、その治療方針をハードボイルド的に鋭く短く語ってみた。

 

その医師は「今日の治療薬」を調べながら、

「なるほど、爪白癬に効くのは今のところイトリコナゾールか」

とつぶやいた。

 

どうやら最新の知見では、他にも新薬があるようなことを耳にしていたが、

余計なことは言わないでおいた。

普通だったら「診断と治療方針を決めるのが医者なんだよ、あんたじゃない!」

と怒鳴られたって不思議じゃぁない状況だ。

それが、今この医師の頭の中には、

イトリコナゾールによるパルス療法に意識が集中してきているのだから、

ここはあと一押しだ。

 

「長いあいだ放置してしまったこの症例が、治るかどうかどーしても知りたいんです」

 

この医師もそれを知りたいと、内心は思ったのだろう。

「よし、じゃぁ明日からやってもらおうか!」

まるで、仕事の采配を部下に命ずるかのように、医師は断じた。

 

「1カプセル50mgを1日2回、1回4カプセルで1週間服薬、3週間休薬、それを3クールだな。

 だけどな、肝障害が心配だから異変があったらすぐ来院して。 

 それと、来週1回顔をみせに来いよ。今日はあと採血しておくからな」 

 

オイラは、これまたハードボイルド風に熱のこもった謝辞を述べた。

でもそれは、渡哲也のようにはいかなかった。

 

 

 

PS1:実はこの治療には、別の目的もある。

    けれども、今は内緒だ。

 

 

 

 

 

登録日時:2015/03/31(01:07)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。