元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ198件目 / 全1667件次へ »

エージェントによる洗脳 vs 自分の眷属 他

酔っている人間の意識に向かって、断続的に都合よくささやき、

そのターゲットの心をエージェントの思うがままに操ろうとする。

あれはオイラに対する、洗脳戦略だったと思っている。

 

そもそも、エージェントの誕生日のために店へ来いと、

常連ならびに店舗主人から言われたとき、

それだけで非常に不愉快だった。

なんで、たいして知らない客のために、オイラの時間を使われるのか理解出来ない。

 

この時点で、常連並びに店舗主人は、すでに何か勘違いしている。

が、結局オイラは行ってやった。

これが甘かったんだろう。

ますます店舗側は、つけあがるようになった。

おまけにこの時点までに、彼らの会計システムに強い不信を抱いてもいた。

 

常連だけには安くして、オイラにだけは高い。

少なくともそう思わせるような接客をしてしまっている。

ふざけている。

 

   *

 

それに加えてエージェントには、なにか別の魂胆もあったようだ。

恐らく、エージェントが一年間、日本を離れるにあたって、

仲のよかった店舗側の便宜を図ろうと、

あまりこない顧客の定着を狙うという意味もあったのだろう。

 

しかし、そのやり方がえぐい。

通俗的にいうとハニートラップに近いものがあった。

ターゲットを洗脳して、カネもない年寄りを呼びつけ、

しかも陰で馬鹿にしている。

(オイラをはめるために、もうひとりのターゲットを馬鹿にすることをささやくんだよ、オイラに)

 

   *

 

ところが、騙されたふりをして通っていたある日、

オモロイことが起こった。

 

エージェントの鼻の下に、血がしたたれて固まったあとがある。

「どーしたんだ、それ」

「なんかさぁ、後ろから誰かに突き飛ばされてさ、店の出口で転んだんだよねー。

 でも後ろ見ると、誰もいないの。なんか怖かったなぁ」

 

こんなこともあった。

店に行くと、いきなり店舗主人が足を引きずっている。

「どーしたの、あんた」

「階段で足を踏み外してさぁ・・・」

フランケンシュタインのような、歩き方だった。

 

上の事件2件が生じるのに、一週間も間が開いてない。

『あー、そーいうことなんだ、やっぱり』とオイラは確信した。

 

 

   *

 

いろいろ不信感が充ちていたので、

酔ってくるとオイラは結構、店の陣営へ絡むようになっていた。

 

正攻法として、店の態度がおかしいということ。

たとえば、今の体制だとカネ勘定に客が不審を抱くから、工夫した方がイイですよとか。

くそ真面目に対応してあげていたんだな。

 

それでも馬鹿にした態度があると、切れるようになってもきた。

酔った言葉の上でだけど。

 

ところがある日、これに別の人間が、なんとオイラの方へ荷担してきた。

それも店舗側の、意外な人物が。

これが致命的となり、エージェントは来られなくなってしまった。

 

   *

 

「あのー、すまんが。オイラは神社で不思議な光を視ていてな。

 冗談が通用しないから、気を付けてくれ~」

 

仲良くなってから、それとなくそういったニュアンスのことを言うのだけれど。

話すタイミングを間違えると、オカシイ奴と思われるし、嫌みにも聞こえるだろう。

なので、昔あった例をあげて笑わせてから、何ヶ月も開けてから宣告している。

(これはこれで、洗脳ポイけど)

 

オイラは相当、眷属たちに好かれたらしい。

 

PS:そういえば、以前に出入り禁止になったスナックMなんだけど。

   あるとき、霊能者が来て、スナックMの所持品を霊視したという。

   それが見事に当たっていて、かなり怖がっていたんだ。

   とても想像出来るはずもない、複雑な形をした鍵だったそうだ。

 

   この事件以来、平素からオイラの話していたことが、

   妄想とは思えなくなったようで、

   どーもそれが原因で、出入り禁止になったようだ。

 

PS2:オイラのようなタイプの人間に接するとき。

    大事にすると、小説が馬鹿売れしたり賞をもらえることがある。

    馬鹿にすると、とんでもない不幸が訪れることがある。

    簡単な話だろ、これって。。

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2015/01/18(07:12)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。