収益性
44
活発度
0
人気度
52
収益量
49
投稿量
55
注目度
51

東京228堂さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ206件目 / 全273件次へ »
ブログ

7月21日 インフレに備える投資術は?

日経平均
先週の金曜日の終値  7月  13日  18238.95
今週の金曜日の終値  7月  20日  18157.93
-81.02

選挙前ですし、大きな災害もあった割には
一週間で見るとそれほど大きな下落ではなかった印象です。
背景にはアメリカ市場の堅調さがあるのかもしれませんねぇ。

しかし昨日のアメリカ市場は
NYダウ 13,851.08 -149.33
NASDAQ 2,687.60 -32.44
大幅反落。まあ14000ドル達成したので利益確定したのでしょう。

為替も対ドル121円前半と円高が進んでいるので
月曜日はけっこう下落する覚悟をしておかないと。

来週のアメリカ市場は、ベージュブック、中古住宅販売、耐久財受注、
新築住宅販売、GDPの発表等々。個別の決算にももちろん注目です。

来週の日本市場は
消費者物価指数、鉱工業生産指数に注目ですが、様子見ムード
にはなるでしょう。


7月22日の日経新聞に「資産運用 インフレに備える投資術は?」
という特集がありました。


原油の上昇等により、日本でも食料や日用品が値上げされてる
今日この頃です。

ここ数ヶ月マイナスが続く消費者物価指数も「2009年には1%に近づく
上昇率になる可能性がある」(大和証券SMBC末沢豪謙)とのこと。

私などは絶対インフレになると思っていますし、
そのために株式投資をしているというところもあります。

この記事では 藤巻健史さん、林康史さん、木戸一郎さんの
御三方にインフレ時に有効な投資法をお聞きしております。

藤巻さん 「勧めるのは株式と不動産を中心とする運用。
円安ドル高基調は今後も続くので外貨建て資産もいい」

林さん 「株式のほか商品(コモディティー)、不動産など
現物資産を買うべき」

木戸さん 「株式と、保険として急激なインフレリスクに備えて物価連動
国債、REITなど」

株式と不動産は買っておいたほうがいいようです。
最近J-REITは急落中ですが長期的に見ればいいのかも。
貯金なんかはアテにならない今日、いろいろ考えないといけないですねぇ。

それでは今日はこれで失礼します。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
  • イメージ
    インフレ、それもハイパーインフレが来ることを想定すると、流動性があることも重要だと思います。
    その点、不動産は現物ではなくREITとして持っておいたほうがいいかもしれません。
    ただ、ハイパーインフレになってしまうと、安全な手段自体が存在しなくなる懸念もありますね。
  • イメージ
    ストリートアナリストさん こんばんはです。

    ハイパーインフレ・・・。
    今世界中にお金があまってる状況なので、
    十分ありえますよねぇ。

    というか、起こる前提で投資しないと危険ですね。

    19日にストリートアナリストさんも
    バブルについて日記で書かれていますが、
    危機を察知してすばやく行動できる投資力を
    身につけたいですねぇ。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。