収益性
53
活発度
57
人気度
51
収益量
51
投稿量
94
注目度
60

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ332件目 / 全1750件次へ »
ブログ

多重人格(解離性同一性障害:香山リカ解説)

「24人のビリー・ミリガン」では、

米国に実在する多重人格に陥った青年が描かれている。

 

自分の意識を、いつの間にか他人に乗っ取られ、

その支配下にて、本人の実意識が認識することのできない行動をしてしまう。

言い換えれば、それは「自分の時間を失う」ことだと、この物語では表現されていた。

 

ビリー・ミリガンには、

本人以外に23人の人格が存在するという。

その内の何人かが、重大な犯罪をしでかしながら物語は進行していく。

 

★「24人のビリー・ミリガン 上・下」

 ダニエル・キース著 早川書房 各900円+税

 

下刊の終わりには、

意識を乗っ取られたときの脳波の見解が、短いが述べられている。

健常者が他人のふりをしたときの脳波と、

(例えば、俳優が役になりきったときの脳波みたいなもの)

多重人格者が「自分の時間を失う」ときの脳波は、明らかに異なるのだという。

 

古い物語だと「ジキルとハイド」やら、

現状の世界だと「青森の潮来」やら「悪魔に憑依された人間」やら、

そんなものを想起する人は多いだろう。

 

オイラはその他に、

「霊視」能力を持ったという人の背景だとか、

「背後霊」だとか、

「ウインダム」という伏見稲荷で憑いたオイラの助言者のようなものを想起する。

 

いつだったかTVで、

「行方不明者」をすぐに探しだす神主(だったと思う)という人が出ていた。

その神主は、神様にお願いを立てて、頭の中でその声を聞くという。

 

オイラには、その声の持ち主たちが、

この世の向こう側にいる無数の魂たちの連携プレーによって声する存在のような気がした。

 

きっとこの世の向こう側には、たくさんの証言者たちがうごめいているのだ。

どんなに悪事を隠そうと企てても、こうした証言者たちの眼を欺くことは絶対にできない。

「霊視」能力をもつ人々は、こうした証言者たちと自在に交流できるのだ。

 

だから、この世の多くの談合者たちよ、

安心して地獄に落ちろ。

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。