収益性
50
活発度
58
人気度
52
収益量
51
投稿量
92
注目度
56

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ370件目 / 全1725件次へ »
ブログ

「スプートニクの恋人」

[スプートニク]

1957年10月4日、ソヴィエト連邦はカザフ共和国にあるバイコヌール宇宙基地から世界初の人工衛星スプートニクを打ち上げた。直径58センチ、重さ83.6kg、地球を96分12秒で一周した。

翌月3月にはライカ犬を載せたスプートニク2号の打ち上げにも成功。宇宙空間に出た最初の動物となるが、衛星は回収されず、宇宙における生物研究の犠牲となった。

(「クロニック世界全史」講談社より)

**********************************************

★「スプートニクの恋人」

  村上春樹著 講談社文庫 2001.4.15.第一刷 2013.4.15.第45刷 P.5より抜粋

 

ライカ犬の最期の瞬間を、想像してしまう。

エサがとうとう無くなっていって、何が起きているのかわからなかったであろう犬の想い。

そこから色々な想像が湧きおこってきて、やりきれない気持ちになる。

 

すべて描写しなくても、こういう想像を読者に抱かせる効果。

読んではいないのだけど、

深沢七郎の「楢山節考」にも一貫してそういうイメージが付きまとうはずで、

読者はその部分に否応なく惹かれてしまうのではなかろうか。

 

22歳のすみれは、激しい初恋に落ちる。

相手の名前は「ミュウ」といった。

でもミュウには夫がいてかなり年上で、しかもすみれと同性だった。

 

「こっちの世界」と「あっちの世界」を行きつ戻りつする春樹ワールド。

魅力的な文体と、色とりどりに散りばめられた小ネタにも魅了されながら、

あっという間に読了した。

 

すみれには、少しばかり「笠原メイ」を思わせるところもあって惹かれた。

読後感は、かなり良い。

 

**********************************************

ぼくはベッドを出る。日焼けした古いカーテンを引き、窓を開ける。

そして首を突き出してまだ暗い空を見上げる。

そこには間違いなく黴びたような色あいの半月が浮かんでいる。

これでいい。ぼくらは同じ世界の同じ月を見ている。

ぼくらはたしかにひとつの線で現実につながっている。

ぼくはそれを静かにたぐり寄せていけばいいのだ。

**********************************************

★同上 P.318より抜粋

 

すみれとぼくとの関係を語っているのだけれど、

村上春樹と読者との関係をも想起させるようなカラクリも、ここにはあると思われる。

それによって、読者は春樹ワールドから、未来永劫、二度と離れることができなくなるのだ。

これは川上弘美の「離さない」という短編にもみられるカラクリだと思われる。

 

オイラの場合には、さらに特殊で。

オイラの投稿した「期限切れ」でのペンネームだけど。

それは何年も前に、朝起きたら頭に浮かんだものだった。

メモに残さなくても忘れることはないだろうと思われるほど、

オイラにはしっくりとした名前だった。

 

下の名前を、「ミュウ」という。

不思議であると同時に、もういい加減に怖いという想いが募っている。

 

さらにまた、「大物右翼」が登場するという物語の存在を、

河合俊雄の書籍から知った。

それも、読まずにはいられない。

 

「キヤ」という名前は、きっと京都の木屋町から来ていると教えてくれたのは、

同級生で居酒屋「漁り火」の店主をしているKだった。

「キヤ」という店は10年ほど前まで、藤沢に実在していた小料理屋だった。

オイラはそこで、児玉系右翼の金庫番だったという初老の男性Yに出会った。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。