収益性
50
活発度
60
人気度
53
収益量
50
投稿量
92
注目度
69

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ547件目 / 全1717件次へ »

公安とCIAの関係 「氷舞」

「陰謀論を小説のネタにするのは、どうも・・・」

という内容のことを、森村誠一は小説のハウツー本で語っていた。

あの「悪魔の飽食」を書いて、右翼からさんざん攻撃を受けて苦労し、

それを乗り越えた人でもそう思っているのかと、とても残念に思った。

 

★「氷舞」

 大沢在昌著 光文社文庫 724円+税 2002.6.20.第一刷 2007.10.15.第十刷

 

どーしてこんなにオモロイ小説が書けるのか、いい加減に呆れてしまった。

しかもその内容は、公安とCIAの関係にまで踏み込んでいた。

森村誠一ですら、恐れ踏み込めなかった世界を描いているのだ。

 

某政治家とその愛人の自殺を巡って、公安の嫌がらせを受けながら

その謎を解明しようと、鮫島は奔走することになる。

 

新宿鮫シリーズは、警察内部の力関係の描写に長けていて。

内部情報に詳しいあの二階堂の兄貴が読んでも、十分に満足して頂ける内容ではないだろうか。

今回ミソなのは、二階堂の兄貴が大好きな(?)神奈川県警が重要なキーを握っている点だ。

 

実際に異なるかもしれないと思ったのは、

神奈川県警の中での立場にもよるだろうが、

ネット陰謀論系の内容から察するに、

概ね米国寄りに傾いている組織が神奈川県警なのではなかろうか

という点だ。

 

「氷舞」のように、ホントウに活躍していたとしたら、

目から鱗な話なんだけどw

 

あーでもオイラに絡んだ事件のことを思うと、

神奈川県警の中にも、鮫島みたいな刑事や警察官がいるのはホントウなんだよ。

内部での立場によって、それぞれの動機は異なっているってことなんだろう。

そういうことが、「氷舞」にも存分に描かれているんだ。

 

湘南台駅前には、有料駐車場がたくさんある。

その中でオイラの利用した駐車場、どうも料金詐欺をやっていたんだ。

すぐに藤沢北警察に電話して相談すると、「生活安全課」という部署に繋がった。

この「生活安全課」というのは、鮫島も属している課と今では同じだと、解説で知った。

すぐに解決されて、詐欺はなくなったんだ。

オイラはこの「生活安全課」が、大好きになった。

 

 

 

登録日時:2013/05/20(00:43)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。