収益性
97
活発度
0
人気度
57
収益量
51
投稿量
100
注目度
53

☀サインは無限大☀(^∞^)☀さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ435件目 / 全2400件次へ »
ブログ

特許庁、新システム開発頓挫!

<特許庁>新システム開発頓挫 東芝子会社と契約打ち切りへ

 特許庁は、特許や商標の出願情報を処理する新システムの現行の開発計画を断念した。

受注した東芝子会社の作業が遅れ、続行は不可能と判断した。近く契約を打ち切り、入札をやり直す。

 

 開発にはコンサルタント会社分も含め50億円超を支出しており、同庁は返還を求める方向で検討する。

 審査業務の迅速化につながる新システム導入が遅れる恐れもあり、専門家からは「日本の知的財産戦略に影響が出かねない」との声が上がっている。

 新システムは、06年に開発に着手し、3社による一般競争入札の結果、技術評価は最も低かったものの、予定価格の6割以下の費用を示した東芝子会社の東芝ソリューションが約99億円で落札した。

 当初は11年1月に稼働予定だったが、07年ごろから設計・開発が大幅に遅れ始めた。東芝ソリューションは1000人超の体制で巻き返しを図ったものの、事態は好転せず、稼働予定時期を12年1月、14年1月、17年1月と繰り返し延期。同社が、特許庁の特殊な業務内容に精通していなかったことが響いたとみられる。

 経済産業省が設置した有識者らによる技術検証委員会は昨年、計画の中断を提言。会計検査院も12年11月、東芝ソリューションに支払い済みの約24億円と、管理業務を発注したコンサルタント会社に支払った約29億円が不当支出に当たると指摘した。

 

 同庁は「業者側の能力不足が遅延の要因」(幹部)として、契約の打ち切りと支払い分の返還を求めるほか、システム導入の遅れに伴う損害賠償の請求も検討する。まず、東芝ソリューションと協議するが、コンサルタント会社への請求も今後、検討する。

 並行して、2月にも新基幹システムの開発計画を作り直し、業者選定に入る。

ただ、完成は22年以降にずれ込む見通しで、今後10年前後は現行システムを改修しながらの運用を強いられる。

新システムの導入を前提に計画されていた出願業務迅速化や特許、商標登録の多様化などのサービス拡充策に影響が出る可能性もある。

 東芝ソリューションは「特許庁と協議中で、コメントできない」としている。【赤間清広、小倉祥徳】

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130105-00000036-mai-soci

 

___________

 

ラッコのつぶやき

 

UBICに追い風?

それとも逆?不当支出に当たるコンサルタント会社ってどこ?

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。