元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ605件目 / 全1700件次へ »

綺麗に遊んでグッドバイ

この頃は、一ヶ月の内のおよそ半月を、夜明方まで机の前にいる。

以前は、半月以上、酒場で朝を迎えた。

えらい変わりようですな、と皆さんは思われるかもしれないが、

私にすれば、仕事場も酒場も同じようなものである。

 

酒場にずっといたのは、その頃は、飲むしか他にやることがなかったからだ。

今、仕事場にずっといるのは、引き受けた仕事を、書くしかないからである。

ー 毎日、文章を書くのが楽しいかって?

楽しいわけはない。

私は遊び好きだが、決して仕事好きではない。

 

「伊集院君、今日からずっと遊んでいいから・・・」

とタニマチがあらわれて言ってくれたら、

ゴッツアンス、と死ぬまで遊んでみせる。

**********************************

 

★「別れる力 大人の流儀3」

  伊集院静著 講談社 933円+税 2012.12.10.第一刷

  「綺麗に遊んでグッドバイ」P.146より抜粋

 

どの章もユーモラスで、なんとはなしにページが進む。

途中に書いてあったが、元巨人軍の横山氏と親しいとは驚いた。

彼はドラフト1位入団で、アンダー~サイドスローの投手だった。

 

オイラは子供の頃、平塚球場の2軍戦で彼にものすごい暴言を吐いたことがある。

あの時はまだ巨人ファンで、彼が投げたら滅茶苦茶に打たれてしまって。

横山氏は言葉にするのを必死に耐えながらも、態度で随分と怒っていたな。

子供だったとはいえ、悪いことをしたと未だに反省している。

 

プロになるだけでも大変なのに、

そこで生き残るのはもっと大変だ。

投球のクセはすぐに研究されるし、怪我だってしょっちゅうだし。

 

今まで肩や肘を壊さなかった投手っているのだろうか?

横山氏はたしか、かなりイカリ肩だったかと思う。

なのでオーバースローで投球を続けると、かなりの確率で肩がイカれる。

オイラもイカリ肩だったので、少しくらい強肩だったけど、すぐ肩がイカれた。

そういうこともあって、横投げに変えたのかもしれない。

 

引退した工藤氏のように、ナデ肩だと壊れにくいようだ。

んーでも、横浜の三浦氏はイカリ肩のようにみえるが、まだ投げている。

鉄腕稲尾氏は、ナデ肩でも投げ過ぎて、肩を壊した。

 

まさかり投法の村田氏を電車で目撃したことがある。

すんごいイカリ肩だったが、あの年で、今だに豪速球を投げる。

彼は引退しても、手袋をして爪を守っているようだった。

 

野球は、投手が一番大変だぁ。

 

PS:稲尾氏が元気だった頃、福留さんのTVにでていて。

   「少し生意気なことを言ったら、中西さんとか、もうカンカンに怒って。

    サードゴロ、微妙なことして獲らないんですよ。口もきいてくれんし。

    それも彼だけじゃないんですよ。ここぞというところで、わざとエラーする。

    試合負けでっせ、そんなんしてたら。

 

    それはもう心底参ってしまって、土下座して、やっと許してもらったんですわ」

 

    中西さんって、好きだな。。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/12/18(01:51)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。