☀サインは無限大☀(^∞^)☀さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1019件目 / 全2400件次へ »

日経平均株価の中心値は8750円程度


◆短期的には調整、日経平均株価の中心値は8750円程度=東京海上AM投信・久保氏


 

 東京海上アセットマネジメント投信・シニアファンドマネージャーの久保健一氏――

短期的には、日経平均株価は下押し圧力が強いとみている。
テクニカル上で、騰落レシオが買われ過ぎとされる130%を超え、同様にRSIも70%を超え、指標が過熱しているためだ。
夏場にかけて、世界的な経済指標が弱含みで推移しそうなことも懸念材料
日経平均株価は8750円を中心値とした展開が続くとみている。

 一方、週末に公表された6月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が3カ月連続でフシ目の10万人を割り込んだ。
ただ、FOMC(米連邦公開市場委員会)で、QE3(量的金融緩和第3弾)を実施する水準ではなく、次回9月に判断は先延ばしとなる可能性が高い

 欧州では、非伝統的手段とされるLTRO(長期リファイナンス、3年物・第3弾)が温存されたが、QE3と合わせた政策が実現すれば、世界的なリスクオンの流れとなるが、その前に、マクロ先行指標のエコノミック・サプライズ・インデックスが夏場までに反発してくるかどうかを注視している。

 国内では今週半ばに日銀金融政策決定会合が開催されるが、追加緩和は見送りとなる可能性が高いが、ETF(上場投資信託)枠の拡大が期待され、実施されれば、日経平均株価をサポートしそうだ。

記事元

最終更新:11時23分
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/07/09(11:28)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。