収益性
49
活発度
65
人気度
53
収益量
50
投稿量
93
注目度
75

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ757件目 / 全1710件次へ »

ステキな金縛り(NTT編)

夜が明けてから、so-netフォンについてso-netへ、光電話についてNTTへ

それぞれ実情を探ってみた。

 

その結果、どうしてso-netフォンでありながら、

NTTの基本料金が解除されていないのか、判明したのである。

というか、7年前の記憶を思い出した。

 

NTTの基本料金を休止・解除すると、

1 今まで使用していた、オイラなら0466-●×-●×●×という馴染みある番号が使えなくなる

  (IP電話の 05-●×●×-●×●×という番号だけが残り、各方面へ通達する手間がかかる)

2 ナンバーディスプレイなどオプションが使えなくなる

 

7年前のオイラは、上記1が嫌になって基本料金のNTT契約を残したのだった。

 

そこで対策として、

J-COMのケーブルテレビからNTTの光テレビへ乗り換える際に、

電話の方はNTT光電話としてNTTと基本料金契約を交わし、

so-netフォンを継続しつつ、NTT基本料金の引き下げを狙う運びとなった。

 

so-netによれば、こうした併用をするユーザーも多いとのことだった。

また、キレ者なNTT担当者によれば、

「弊社は他社に先行して戦略を撃つことを憚る身分なのだが、

(そういうことすると、孫さんが怒ったりするし)

 他社が先行してサービス戦略を撃ってきた場合には、代替策で対処する方針」

ということで、まるで日本の防衛戦略かと見紛うような説明をするのであった。

 

IPフォンへも、ナンバーポータビリティが使えるのであれば、

誰だって即座にNTTを解約するだろうから、

その辺はNTTも見据えていて、大事なミソの部分は手放さないということなのだろう。

 

そして、ケーブルテレビ陣の戦略を睨んだ上で、

現状の光テレビ戦略を打ち出したわけだ。

 

オイラは本日、光テレビの工事契約を交わしたのだが、

雑多あるテレビ局を自由にみられるパック契約ではなく、

基本設定の他にみたい番組があった場合に、個別契約できる方を選んだので、

かかる予算はトータルで、月当たり3~4千円、浮く計算になっている。

 

NTTの光テレビの場合、基本チャンネルの契約は月に千円しないので、そうなるのだ。

 

振り返ると結局、NTTから逃れるつもりが、

しっかりと月々の料金が減らせるという

NTTによる「ステキな金縛り」に遭ってしまったというオチなのであった。

 

 

登録日時:2011/10/11(01:13)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2011/10/11(12:27)

    こんにちは

    あなたも光に変えたのね

    光にしていいんです^^

     

    うちはADSLのままです

     

    NTTは永久に国民のお金を吸い上げ続けます

     

    >かかる予算はトータルで、月当たり3~4千円、浮く計算になっている。

    賢明です^^

     

  •  通報する

    2011/10/12(01:11)

    >NTTは永久に国民のお金を吸い上げ続けます

     

    そう思ってはいたものの、

    ライバルの活躍のお陰でユーザーには選択肢が増えました。

     

    ただ、あまりフラフラしすぎても、

    工事費用がかさむだけなので、切り替えるタイミングが難しいです(笑)

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。