天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2177件目 / 全3551件次へ »

投資部門別売買状況(2010年)

引き続き、2010年通算の数字です。10月にJASDAQとヘラクレスの統合があり、JASDAQは去年と比較ができなくなってしまったので、今年は東証一部のみチェックします。

【東証一部】(日経平均株価 2009末;10546.44→2010末;10228.92)

証自(25%) 買;78兆8410億    売;80兆663億      差引;-1兆2253億
法人(9%)   買;28兆9309億    売;28兆6414億    差引;+2895億
個人(17%) 買;52兆6344億    売;54兆7809億    差引;-2兆1465億
外人(48%) 買;156兆1024億  売;152兆9893億  差引;+3兆1131億
証委(2%)   買;5兆9921億      売;5兆9368億      差引;+553億
合計(100%) 買;322兆5009億  売;322兆4147億  差引;+861億

まずは東証一部。年間で見た総売買金額は前年比でほぼ横ばい。証券会社、法人、個人の国内勢の取引が落ち込みましたが、外人の売買が増加し(シェアも39%→48%へ増加)、トータルではほぼトントンでした。外人が積極的に日本株を買っているという事はニュース等を見聞きする感じではどうも無さそうなので(金額自体も2007年、2008年に比べるとかなり減ってますし)、外人以上に国内勢の株離れが激しいという事なのかもしれません。主体別動向で証券会社と個人の国内勢は揃って大幅売り越しで、買っているのは外人くらいというのもそれを裏付けている感じがします。このまま日本は沈んでいくんでしょうか・・・。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/01/09(16:56)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。