いしころさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ37件目 / 全81件次へ »

為替介入

「為替介入」とは、一般的に通貨当局が外国為替市場において、外国為替相場に影響を与えることを目的に外国為替の売買を行なうことを言います。「外国為替平衡操作」ともいいます。日本では、財務大臣が円相場の安定を実現するために用いる手段として位置付けられており、為替介入は財務大臣の権限において実施されます。

急激な為替レートの変動は、企業の経営等に悪影響を与え、ひいては日本経済そのものに悪影響を与える可能性があります。
そこで、為替相場が乱高下しないように、急激なドル安円高の場合は円売りドル買い介入、急激な円安の場合は円買いドル売り介入を行ない相場変動を小さくしようと試みます。
上<引用>
いいなり財務大臣が続いているので 円高はしょうがないかな。
(どうして 相手通貨のアメリカと相談 お話しないの?不思議です。もしあったならば すぐに報道して欲しい。(正しくお願いしたいものです))
でも日本は大変な事ですーマイナスGDP

海外との 特に中国との関係では レアメタルで ソッポむかれたと報道されていました。相手は簡単に動くことは ないでしょうと思いますが。

また明日ですかね。


 
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/08/30(20:51)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。