kabutrademasterさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ151件目 / 全172件次へ »

信用取引,信用倍率,買い時


証券会社へ口座を開設し、株式投資を始めてみると、Web画面上に様々な気になる情報があると思います。その中の一つが、信用買い残と信用売り残だと思います。信用取引をし、カラ買いされたまま、未決済となっているものが信用買い残、カラ売りされたまま、未決済となっているものが信用売り残です。ここで説明する事は、ご自分が信用取引をされないとしても、必ず覚えておいた方が良い項目です。買い残が積み上げる=将来必ず決済があり、売り戻されるため、後々、株価を圧迫する要因となってしまいます。逆に、売り残が積み上がる=将来いずれ買い戻されるため、こちらは株価を上昇させる要因となります。信用取引結果の分析の基本は以上の通りですが、分析をする際、買い残と、売り残のバランスを見る必要があります。この両者のバランス(比率)を表したものが、貸借倍率です。こちらの倍率は買い株数残高を売り株数残高で割り、求められ、この式からわかる通り、貸借倍率が大きい数字になると、取引が悪い事を示し、逆に低い数字になればなるほど、今後の株価の動きが期待され、良い状態になります。私も最初は全く信用取引はしないので傍観しておりましたが、これは一つの買いの目安として覚えておくと役に立ちます。貸借倍率を追ってみて、それに株価がどのようについてくるのかを分析してみると、ご自分の投資スタイルに一段と磨きをかける事ができる事でしょう。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/11/30(01:06)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。