収益性
43
活発度
0
人気度
0
収益量
49
投稿量
49
注目度
0

kabutrademasterさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ153件目 / 全172件次へ »

相場,種類


既に株式相場は体験しましたか?もう体験した方も、まだの方も相場の種類について知りましょう。相場には種類があります。日経新聞等、新聞を読んでいたり、ニュース等を聞いていると、「日経平均株価xxxxx円割れ!」や、「XXX相場堅調!」のような見出しをご覧になられた事があるでしょう。こうした、特定の銘柄に限らない、銘柄群を一くくりにして、現在の株式がどのように売買されているか(される傾向にあるか)が、注目される事が多々ございます。株式の売り注文と買い注文によって、相場は形成されているわけですが、その性質によって、以下のように呼ばれる事があります。代表的な相場の種類について、ご紹介致します。 ・上昇(上げ)相場  → どの銘柄も非常に力強い右肩上がりの伸びを示しているような相場です。 ・下降(下げ)相場  → こちらは逆に、どの銘柄も力がなく、右肩下がりとなってしまっているような弱い相場です。 ・二極化相場  → 強い(注目されている)銘柄群と、弱い(注目されない)銘柄群がくっきりとわかれてしまっているような相場です。 ・地相場  → 評価されるべき銘柄が評価され、評価されなくて当然の銘柄が評価されない、のような、    本来の実力が正当に評価されている相場です。 ・ボックス相場 ・往来相場  → 株価がある一定の範囲内で行ったり来たりのような相場です。    非常に値動きが読み易いので、コツコツ利食いをするのに向いている相場と言えます。 ・モチツキ相場  → 外国人投資家や機関投資家の手仕舞いシーズンのため、年末には相場が乱高下する傾向にあります。 ・決算相場  → (株主優待等の)株主の権利確定時期のため、人気のある銘柄は高騰したりします。    決算期には既に株価は前もってその時の業績は折り込み済みのケースが多いため、    あまり値動きはありませんが、一転して黒字や、一転して赤字等、インパクトの大きい材料が    出た際には株価は大きく変動します。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/11/30(00:58)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。