瀬谷空悠太郎さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ190件目 / 全525件次へ »

意外なドル高にユーロポンド再び急落

昨日、大幅にドルが買われたことにより、ユーロやポンドが急落した。
リスク先行では、ドル安円安になりやすいが、なんらかの需給要因で、ドルが買われたと思われる。
前場、ユーロで損きりと思われる売り注文が連発した模様。
再び、ユーロドルが売られすぎ水準に到達。
(IMFの金売却を織り込んだ急落かもしれない。)

本日のOPに91.5があることや、91.5手前に大量のロングポジションがあることから、大人の事情によるものなのかもしれない。

ドルストレートはおそらく、近々、大きな調整が入る可能性が高いのでは。

チャートを見ながら、ドル円ショート、ユーロドルロング、ポンドドルロングの位置を再び探る。

ドル円が急落した場合、クロス円も釣られる可能性が高いため、米国時間以降のクロス円のロングはリスクが高そう。
欧州時間以降のロングは様子見。

IMFの金売却発表をうけて、金の利益確定売りが加速すれば、ユーロドルに影響があることも考慮したい。
ただ、この問題で押し目になるか、2番底になるか、下値を切り下げるかは、チャートでしっかり判断したいところ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/02/18(09:46)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。