映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ571件目 / 全1046件次へ »

ダウ急落

21日の日経平均は10868.41(+130.89)と大きく上昇。転換線10815を回復。ボリンジャーもプラスσを超えてきた。しかしダウの急落を受けて、もう一度下値を試す展開になる可能性が強い。週足ボリンジャーのプラスσ10703、月足ボリンジャーの10603あたりが当面のポイントと思われるがなかなか苦しそうだ。これを守れないと、日足基準線10449あたりまで調整する可能性もある。ただ長期は、昨年で底を打っていると思われるのだが。

ダウ10389.88(-213.27)がオバマ大統領の金融規制強化策を受けて急落。転換線10617基準線10496も一気に割り込んでいる。プラスσ10648、TP10541を一気にぬけて、マイナスσ10434も下抜けている。週足も転換線10480を切り、TP10354の近辺。どこまで調整するかわからないが、週足基準線9863や月足基準線10125あたりが守りきれるかどうかが注目だ。

ドル円は90.48。基準線91.08を改めてきってきた。直近安値90.32を守れるかどうか。守れないとさらに円高が進む可能性もある。長期で見るとドルの下降トレンドラインを結局超えられなかった形。ドルの上値の抵抗が重たくなりそうだ。

調整入りするかと思われた日経平均は、昨日大きく反発したが、一方、ダウは、金融株を中心に急落。NYも東京も調整いりになりそうだ。どこまで調整するか。週足や月足の節目をまもれるかどうかが問題だろう。ダウの下げの原因が金融規制ということであり、景気の回復は続いているので、下げが限定的になることを期待したいものだが・・・
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/01/22(07:21)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。