金の延べ棒さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ234件目 / 全257件次へ »

2007年問題

本日の打ち合わせに出た話。

歴史の長い会社や今までの年功序列を重んじてきた会社は、俗に言う2007年問題が水面下で問題になってきているようす。

技術・技能の継承への断絶、退職給付の負担増、企業収益の低下、社会保障関係費の増大などなど。

短期間で解決できる問題ではないから、事前対策を行っているかどうかが大きな分かれ目になりそう。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/05/29(19:49)

 通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  •  通報する

    2007/05/29(20:55)
    本当なら、もっと早くに問題に気付いて、手を打つべきなんでしょうけど…。

    見て見ぬふりをしたり、先延ばしにしている企業はたくさんありそうですね。

    その企業だけでは、対応が難しい問題かもしれないので、国が支援をする体制を整えたり、援助する非営利団体などができるような動きがあるといいかも…。
  •  通報する

    2007/05/29(23:08)
    そうですよね、個人には組織が、組織には会社が、会社には団体や国が環境を作っていかなければ。

    この機会に整備できれば、成長のきっかけとして、ポジティブに考えていけますね。
  •  通報する

    2007/05/29(23:29)
    2007年問題の裏で団塊世代をターゲットにしたビジネスがこれから伸びてきそうですが、どんな会社があるんでしょうかね?
  •  通報する

    2007/05/30(00:12)
    シルバー層のビジネスはいろいろありますが、想定よりも苦戦しているようですね。

    シルバー層にもブームがあるようで一時的な売り上げ増になることが多いようです。すでにある既存ビジネスをシルバー向けに展開するほうが無難のような気がします。

    趣味嗜好が強い商品サービス、比較的新しいサービス(インターネットも携帯もまだまだこれから)は受け入れられやすそうです。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。