COTOSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ594件目 / 全1258件次へ »

パナソニック&三洋電機 資本・業務提携契約締結

予定通り報道発表資料が出た。

◆パナソニック株式会社および三洋電機株式会社の
資本・業務提携契約締結のお知らせ

http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn081219-2/jn081219-2.html

上記の内容全体を読むと良いかと思います。

因みに「公開買付の内容」はこんな感じ。

条件:国内外の競争法に基づき必要な手続及び対応を終えること等

三洋電機の全株式(普通株式、A種優先株式及びB種優先株式の全て)を対象とする公開買付け実施予定。

買付価格:三洋電機の普通株式1株あたり131円、A種優先株式1株あたり1,310円及びB種優先株式1株あたり1,310円を予定。

パナソニックは、メリルリンチ日本証券株式会社より、一定の前提条件の下、本件公開買付けの買付価格が財務的見地からパナソニックにとって公正である旨の意見書を受領済み。

三洋電機の発行済株式(自己株式を除く)の過半数(A種優先株式及びB種優先株式については、普通株式に換算した数)を買付予定数の下限として設定。
応募株券等の総数が当該数に達しない場合:応募株券等の全部について買付けは行わない。
応募株券等の総数が当該数以上の場合には、応募株券等の全部の買付けを行う予定。

三洋電機の大株主であるオーシャンズ・ホールディングス有限会社(ゴールドマン・サックス・グループの関連会社)、エボリューション・インベストメンツ有限会社(大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社の完全子会社)及び株式会社三井住友銀行には、本件公開買付けへの応募を前提に検討中。
三社の保有する三洋電機の合算株式数(A種優先株式及びB種優先株式については、普通株式に換算した数)は4,328,993,781株(完全希薄化後における議決権の約70.5%相当)であり、三社が保有する三洋電機の全株式を本件公開買付けに応募した場合、本件公開買付けは成立する見込み。

完全希薄化後における普通株式の発行済株式数(自己株式は除く)は6,142,207,315株。


という概要。
しかし。
こういう有限会社の名前、どうやって考えるんだろう。
登録日時:2008/12/19(16:04)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。