カいさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ160件目 / 全186件次へ »

中源線建玉法



ずっと気になっていた中源線の本を買ってみた。えらく高い割りにぺらぺらだけれども、厚さ薄さより中身である。
同じく林先生の本に酒田罫線法という本(名著)があるのだが、ハッキリ申し上げて原理は同様である。
すなわち、トレンド転換でためし玉を入れ、押し目戻り目で増し玉するという手法だ。
ただし、転換を判断する型に関しては、リバモアの手法とほぼ同様のWボトム、Wトップ型のチャートパターンを使った方法となるが、転換マージンの取り方に一工夫がある。
利食いの規定もきちんとあり、順行三本かつ三本目が大きい時に利食いするという。
噴いたら売り、緩んだら買いというヤツだが、どこで噴くかということを重視しているのが面白かった。
この手法は基本的に値幅で見ているのだが、日柄で見ても同じことだと思う。
ちなみに酒田罫線法の方がはるかに内容は複雑であるので、リバモアの手法や中源線の方が練習に向いていると考えられる。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/12/13(00:00)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。