収益性
0
活発度
0
人気度
83
収益量
0
投稿量
60
注目度
52

NGTNさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ73件目 / 全560件次へ »

今日の相場 -11/12-

E011498e7 Ad7855e65 372f4ad43 

∇ダウ:8,693.96(-176.58) ナスダック総合指数:1,589.90(-35.84) S&P500:898.95(-20.26)
スターバックスや米住宅建設大手のトールブラザーズの冴えない決算を受け企業業績への懸念から米株は続落。ダウの下げ幅は一時-300ドルに達しましたが、ベアスタの保有していたモーゲージが最終的には市場価値を上回る可能性があると報じられたことや、フレディマック、ファニーメイが住宅ローン返済の軽減についての新たな計画を発表したことから、ある程度下げ幅を縮小して引けました。原油価格は下落し、60ドルを割れました。

・トール・ブラザーズ、8-10月期売上高は41%減、10月の不振響く
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCML6053.html

・米スターバックスの7-9月期は大幅減益、海外出店縮小へ
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCMJ2513.html

・米大手生保株が軒並み急落、ゴールドマンによる弱気見通しで
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-34860320081112

・米ベアーのモーゲージ、市場価値上回る可能性
時価会計の問題点ですね。流動性が無いなかミソもクソも売られて、時価評価で資本が足らなくなって吹き飛ぶ。ミソ(まともなローン債権や債券)なら満期まで保有すればある程度は返ってくるのに。
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-34856220081111

・米連邦住宅金融局が住宅所有者支援策強化
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-34857520081112

・中国の「バズーカ砲」はどれほど強力か
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003011&sid=aR3gUoKR8d6A

・中国の景気対策に伴う資金需要、短期的に米国債市場に打撃も
中国が景気刺激策に必要な資金を捻出するため米国債を売却し米長期金利が上昇する懸念が。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-34868620081112


∇日経平均:8,695.51(-113.79) TOPIX:875.23(-14.13)
米株安を受けて日経平均は続落しました。CME日経平均先物の終値が8500円くらいだったので、それに比べると下げ渋りました。全体的にディフェンシブセクターの方が買われていた感じで、景気敏感株はいまいちな動きでした。原油価格の下落で資源関連が安かったです。東証一部出来高は20.7億株、売買代金は1.7兆円と商いは多くなかったです。

・NTTドコモ、印タタ傘下の携帯事業者の株式26%を約2640億円で取得http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK021280420081112

・10月の消費者態度指数は過去最低を更新-株価下落でマインド悪化
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003017&sid=a9sfXdp3DSGI

・Komatsu May Get More Than Caterpillar From China Plan
コマツの方がキャタピラーよりも中国でのシェアが高いので、中国の景気刺激策の恩恵をより多く受ける可能性がある。ただし、円高が逆風。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=at0_vjI9qnes
 
登録日時:2008/11/12(19:29)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。