収益性
65
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ259件目 / 全3636件次へ »
ブログ

2016年7月8日(記録のみ)

日経平均 ; 15106.98 (-169.26、4日続落)
TOPIX ; 1209.88 (-16.21、4日続落)
JASDAQ指数 ; 2418.43 (-15.46、4日続落)
マザーズ  ; 962.89 (-17.38、4日続落)

日経平均は4日続落、英国EU離脱後の下げ後、一週間かけて戻した分を、また一週間かけて失ってしまった感じですね。個別でラウンドワンのボーリング事業が4年3ヶ月ぶりに前年同月を上回ったという事で、ようやく下げ止まったかと言うか、よくこれだけ下げ続けたなと言うか、いずれにしろ来月再注目ですね。今週は個別銘柄で気になるニュースが妙に多いです。

------------------------------

日経平均は169円安と4日続落、円上昇や景気ウオッチャー調査の悪化など重し=8日後場
7月8日(金)15時25分配信 モーニングスター

 8日後場の日経平均株価は前日比169円26銭安の1万5106円98銭と4日続落。終値での1万5100円台は6月24日(1万4952円02銭)以来2週間ぶりの安値水準となる。

 後場寄り付きは買い物がちで始まったが、株価指数先物売りをきっかけに軟化。一部では、ETF(上場投資信託)の分配金ねん出に絡んだ先物売りが指摘された。一時1ドル=100円20銭台への円上昇も警戒され、いったん下押した。その後の戻りは限定的で、午後2時に発表された6月の景気ウオッチャー調査の現状・先行き判断指数の悪化が重しとなり、引けにかけて下げ幅を広げた。週末要因に加え、現地8日に米6月雇用統計の発表を控えていることもあり、ポジション整理売りの流れとなった。

 きょう算出の日経平均ミニ先物・オプション7月限のSQ(特別清算指数)値は1万5331円34銭。東証1部の出来高は18億4524万株、売買代金は2兆588億円。騰落銘柄数は値上がり199銘柄、値下がり1690銘柄、変わらず78銘柄。

 市場からは「基本的に円上昇への懸念が強く、ETFの分配金ねん出売り観測や景気ウオッチャー調査の悪化などマイナス要因が重なった。バリュエーション的には1万4000円台半ばまで下押す可能性はあるが、まずは米雇用統計の結果を受けた為替動向が注目される」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> 、住友不 <8830> などの不動産株が下落。旭硝子 <5201> 、TOTO <5332> などのガラス土石株も売られた。東電力HD <9501> 、東ガス <9531> などの電気ガス株や、ファーストリテ <9983> 、イオン <8267> などの小売株も軟調。NTT <9432> 、KDDI <9433> などの情報通信株や、第一生命 <8750> 、損保JPNK <8630> などの保険株も安い。

 個別では、ソフトブレーン <4779> 、KLab <3656> 、シュッピン <3179> 、TASAKI <7968> 、アドヴァン <7463> などが値下がり率上位。

 半面、その他製品株が高く、3社共同開発で7月配信開始のスマホゲーム「ポケモンGO」が米国スマホゲームランキングでトップになった任天堂 <7974> の上昇が目立った。

 個別では、6月既存店売上で主力のボウリング部門が4年3カ月ぶりに前年同月を上回ったラウンドワン <4680> や、第1四半期(16年3-5月)の単体決算で営業利益57.9%増のメディアドゥ <3678> が上昇。ディップ <2379> 、藤倉ゴム <5121> 、WDB <2475> なども高い。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、32業種が下落した。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。