収益性
65
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ873件目 / 全3636件次へ »
ブログ

2014年6月10日(記録のみ)

日経平均 ; 14994.80 (-129.20)
TOPIX ; 1228.73 (-6.05)
JASDAQ指数; 2087.86(-5.51)
マザーズ ;828.79 (-18.37)

本日も記録のみ。さすがに昨日まで上げ過ぎだっただけに、一服も仕方のない所でしょうか・・・。相場を見てる時間がほとんど無いので、今週は完全放置状態です。

-------------------------------

日経平均129円安と反落、先物主導で一段安、6日ぶり1万5000円台割れ=10日後場
6月10日(火)15時19分配信 モーニングスター

 10日後場の日経平均株価は前日比129円20銭安の1万4994円80銭と反落。終値での1万5000円台割れは2日(1万4935円92銭)以来、6営業日ぶり。後場寄り付き直後は売買が交錯し、前場終値近辺で小幅もみ合いとなっていたが、円強含み推移とともに利益確定売りに押され、再び軟化。株価指数先物にまとまった売り物が出て下げ幅を拡大し、午後1時8分に1万5010円04銭(前日比113円96銭安)まで下落した。その後、いったん切り返したが、戻りは鈍く、先物主導で一段安。午後2時34分には、この日の安値となる1万4966円80銭(同157円20銭安)を付ける場面があった。

 東証1部の出来高は19億8003万株、売買代金は1兆7289億円。騰落銘柄数は値上がり599銘柄、値下がり1062銘柄、変わらず151銘柄。

 市場からは「指数が重く、短期的な過熱感から、当然の一服。直近の『マド』(2日高値1万4963円-3日安値1万5026円)埋めに動いたが、最小限の調整とみられる。ただ、週末には日銀金融政策決定会合(12-13日開催)とSQ(特別清算指数)算出日が重なり、週末に向けて先物売買によって振れが生じる可能性もある」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、大王紙 <3880> 、日本紙 <3863> などのパルプ紙株に売りが継続し、値下がり率トップ。アイフル <8515> 、アコム <8572> などのその他金融株や、大和証G <8601> 、岡三 <8609> 、光世証 <8617> などの証券株も引き続き軟調。リブセンス <6054> 、ファンコミ <2461> 、サニックス <4651> などのサービス株や、イーブック <3658> 、enish <3667> などの情報通信株も値を下げた。個別では、横浜市のマンション施工ミスが引き続き嫌気された熊谷組 <1861> や、カーバイド <4064> などが安い。

 半面、JR東日本 <9020> 、JR西日本 <9021> などの陸運株に買いが継続。メリルリンチ日本証券が投資判断・目標株価引き上げの三菱UFJ <8306> や、西日シティ銀 <8327> などの銀行株も堅調。東製鉄 <5423> 、大同特鋼 <5471> などの鉄鋼株も高く、北海道電 <9509> 、東ガス <9531> などの電気ガス株もしっかり。

 個別では、JBR <2453> が連騰し、値上がり率トップ。「LINE」関連人気が続くエムアップ <3661> が連騰し、値上がり率トップ。14年4月中間期の単体決算で営業利益2.2倍の学情 <2301> や、大和証券が投資判断を引き上げたキッツ <6498> も高く、デジアーツ <2326> 、日鉄住金TX <1819> などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、28業種が下落した。

 -------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。