短期決戦さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1593件目 / 全2908件次へ »

短期決戦レポート(サブプライムローンを調べてました。)

サブプライムローンとは、

サブプライム層と呼ばれる信用度の低い人向けの住宅ローンのことのようです。

2007年に、住宅バブルが崩壊して、

2008年に、リーマンショックです。

住宅価格が下落し、返済延滞率が上昇し、住宅バブルが崩壊したわけです。

なるほど~

あの時は、サブプライムローンと、言われても、説明されても、

アメリカのことと、ピンときませんでしたが、

改めて調べると、そういうことなんですね。

まず、住宅価格が下がったのが、

そもそもの原因で、

その後にいろいろなことが起こったのですね。

バブル崩壊の前兆はあったというわけです。

さて、今はどうでしょう。

とりあえず、アメリカ経済は、絶好調です。

日本経済は、景気回復途上です。

中国経済は、成長が鈍化してきています。

EU経済は、なんとか持ち直しました。

ロシア経済は、経済制裁で下降気味です。

うーん、やはり、中国が不安ですが、まだ大丈夫そうですね。

お気楽に、買いでいきましょう。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2014/05/10(18:15)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2014/05/10(22:27)

    こんばんは

    プライムローンは日本にもあります。サブプライムローンは知らないけど

    リーマンショックはかなりひどい人的ショックだと思います。

    米国も絶好調ではないと思うし、絶好調なら金融緩和縮小が終わり、利上げになるので余計に怖い気がします。中国はあんなもんだと思っていますが・・・

    日本よりはるかに経済規模がでかいので・・・・

  •  通報する

    2014/05/11(07:11)
    アジアさん、おはよう
    そう、日本も金融緩和でお金が余っているので、
    どんどん貸し付けています。
    いつ破綻するかわかりません。
    アメリカは、今が一番いい時なんじゃないでしょうか。
    まだ数年続くと言ってます。
    中国と日本の経済規模の差を忘れていました。
    そう考えると、6%とか7%とか、
    成長しているのは凄いですね。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。