収益性
41
活発度
52
人気度
72
収益量
49
投稿量
100
注目度
53

みやまな鉄砲長さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ194件目 / 全1845件次へ »
ブログ

感性をいやすGW

Ad611f88a  

疲れを癒すだけならふつうの休日なのですd(-ω・。)ネッ!☆

■scene1(2014/04/26~29) 久々のDVD鑑賞

皆様はGWはいかがお過ごし??(「゜ー゜)ドレドレ..

家でほぼDVDを見てた【 TV 】    ( ̄ *)

□TOUCH
http://video.foxjapan.com/tv/touch/

ストーリー-wikipediaより
元ジャーナリストでシングル・ファーザーのマーティン・ボームは、自閉症の息子ジェイクと意思を通じるため、あらゆることを試みる。だが、ジェイクは決して口を開かず、ほとんど感情を表に出さず、触れられるのを嫌がり、自らも滅多に他人に触れようとはしない。学校などから突然姿を消してしまうことも頻繁に起こる。

そんなある日、実はジェイクには、数字を通して過去・現在・未来、そして世界各地の人々の繋がりを知覚する能力があるらしいと、マーティンは気付く。ジェイクはそういった繋がりに異状を感じると苦しくなり、マーティンに数字を見せることによって助を求めているのだ。マーティンはそのメッセージの意味を探りながら、さまざまな形で人助けを行うようになる。

しかし、そんなマーティンの行動は、ソーシャルワーカーの目には奇異に映り、父親としての資格が問われることになる。ジェイクを助けたいという気持ちと、ジェイクの養育権を失いたくないという気持ちが葛藤する日々が続く

--- amazonのポイント
●『24 -TWENTY FOUR-』のキーファー・サザーランドが次に選んだ主演作!
●『HEROES/ヒーローズ』のティム・クリングが企画/製作総指揮。
●特殊な能力を持ちながらも言葉を一切話さない息子、その使者となる父。数字の謎を2人が解いていくミステリー。
●世界各地を舞台にしたスケール感のある超大作。
----------------------------------------------------------------------------------------

パッケージだけ見ると「『24』のジャックバウアーやん!」
ですが、ストーリーとしては私は結構好きなタイプのお話でしたー(まだseason1の途中)

マーティンの子のジェイクの能力が起すストーリーのつながり
「1話の中に複数ストーリーが並列に流れて最後につながる」
→伏線はりまくりのHEROES的世界観手法がちょくちょく見えますが
役者が変わってこれはミステリーなのか考えさせるドラマなのか?
いままで感じたことがない感覚なドラマです。(癒される感もあるんですよねぇー)

強烈にハマるというよりは、あとでじわっとくる系で
私自身大学で「数字に対する不思議」を研究テーマに取り扱ったことがあり、
興味も持って見れてたり~

人とのつながりってのはほんと不思議なもんですなぁと感じる作品です。

父親役のキーファーサザーランドですが、
日本語吹き替え声優さんがが「ジャックバウアー」と同じなら、あまり違和感なしw
ジャックほど無鉄砲ではないですが、このドラマではドラマなりのダメ親父役があってる感じ

この休み中に見てたDVDはこれだけじゃないですが、ネタは小出しに(* ̄m ̄)プッ


明日から仕事だわ~
3営業日みっちり働きます!
それではみなさん!がんばっていこー(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ
    minoQさん (-5.1point)
    2014/04/29(23:25)
    運動はちょっと休憩してもっぱら読書です。(もちろん甘いものも食べまくっていますが)
    読みためてしまっていた本を片っ端から読みまくっています。

  • イメージ
    おいっす!

    >minoQさん

    >運動はちょっと休憩してもっぱら読書です。(もちろん甘いものも食べまくっていますが)
    読みためてしまっていた本を片っ端から読みまくっています。

    私はよく食べよく運動になって来てますー
    ほんのさっきも5キロほど走ってきましたε=ε= (ノ ̄▽ ̄)ノとぅーっ

    読書もよいですよねぇ~
    家にいると涼しい風がはいってきますしー
    ついついゴロゴロしちゃうんですけど(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。