収益性
62
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
51

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1055件目 / 全3578件次へ »

日本社宅サービス 2014年6月期 1Q決算発表

金曜日ようやく4社目、8945 日本社宅サービスの1Q決算発表を見て行きます(→リンク)。

早速、決算の内容から。

20141Q    売上;15.1億 営利;1.3億 経利;1.3億 当期純利;0.8億
2014中(予想) 売上;31.1億 営利;1.9億 経利;1.9億 当期純利;1.1億
20131Q(前年) 売上;14.9億 営利;1.0億  経利;1.0億  当期純利;0.5億

 1Qは前年同期比で売上1.2%増、営業利益は32.0%増と増収増益。中間の業績予想に対し、売上の進捗率は48.6%、営業利益はほぼ3分の2に達していますので、普通に行けば中間で上方修正がありそうですけど、元々増収減益の予想なので2Qに何か費用発生を見込んでるんでしょうかね。

恒例の各事業セグメントの四半期毎の売上、営業利益ですが、まず社宅管理事務代行事業は、売上が「7.10億→7.13億→7.61億→8.03億」⇒「7.53億」、営業利益が「1.00億→0.76億→0.57億→1.03億」⇒「1.19億」で売上は前年比では増加しましたが、前四半期比では減少。これをどう見るかは2Q、3Qも見ないと判断できませんね・・・。営業利益は費用先送りがあったという事で増加、これが1Qの増益要因になっているみたいです。

続いて施設総合管理事業は、売上が「7.83億→7.99億→7.52億→8.24億」⇒「7.59億」、営業利益が「-0.03億→0.30億→0.03億→0.72億」⇒「0.09億」と売上は減少、利益は僅かながら増加。売上の減少は一部修繕工事の月ずれと説明されているので、2Q以降でちゃんと計上されるか(増収になるか)が要チェックです。

全体としてはまあまあの決算かなという印象でしたが、株価は反応薄で市場の評価も似たような感じですね。そんな中、今日社長の株式一部売却が発表されましたけど、これはどういう意味なのか・・・。基本、社長の売却は良い兆候ではないので、明日の株価の反応も含めて要ウォッチかなと思っています。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/11/11(18:31)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。