ユリウスさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ128件目 / 全695件次へ »

もう一つの「青い惑星」 -63光年先に存在-

 地球から63光年も離れた場所に、もう一つの「青い惑星」があることが分った。この系外惑星「HD 189733b」は、その大部分がガス状の物質で構成される巨大惑星で、観測の結果、この惑星の色が濃いコバルトブルーで、「宇宙から見た地球の色に似ている」ことが分かった。「だが、類似点はそれだけだ」と、観測チームは述べている。

 なぜかというと、この惑星は恒星の非常に近い距離を公転しているため、大気は1000度以上に熱せられており、「横殴りのガラスの雨が、時速7000キロメートルで降る」とのことです。

 米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)の科学者らは、ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)を使って、太陽系外惑星の色を初めて特定したのです。


 こんな環境では生命はないでしょうね。「系外惑星」で地球と同じ「青い惑星」と聞きましたので、すわっ、生命現象のある系外惑星かと身構えたのですが、残念ながら大気があっても1000度以上では臨むほうが無理とというものでした。



 
いつも『もの言う翔年』を読んでくださりありがとうございます。お陰さまで「政治評論」も「囲碁」のジャンルもランキング上位に入っております。コメントをいただいたり、ランキングがそこそこにとどまっているのを励みにBlogを書いております。お暇なときに見てください。にほんブログ村にほんブログ村
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/07/16(22:01)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。