jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1213件目 / 全1494件次へ »
ブログ

多くの社会問題は経済政策の迷走に起因

 経済政策は全ての政策の基本

 お金がなければ、年金、福祉、医療、教育、研究開発、インフラ維持、治安、防衛など、全ての制度、政策が回らなくなる。

 経済政策が良いか、悪いかで、世の中がハッピーになっていくか、不幸になるか、のほとんどが決まります。

 

 で、経済政策の戦略目標は、富を増やし続けること=潜在成長率(=好不況均しの平均的な実質成長率(物価上昇差し引きの成長率))を上げることです

 

 今の民主党政権は、この根本でまず踏み違えている。 

 豊かさと幸福度は比例しない、という考えがそもそも誤り

 低成長が続けば、日本の将来はアフリカの発展途上国と同じになります。

 アフリカの発展途上国も成長してないわけでない

 ただ、低成長が100年も200年も続いたから、今のような格差が付き、発展途上国になってしまったのです(成長ゼロやマイナス成長の継続は、人類の歴史上、ほぼ皆無なので、成長は幸福にならないとすると、人類の歴史は不幸の連続ということになる)。

 

 経済成長は、やはり重要な政策目標なのです。 GDP成長率は、やはり最重要の政策指標です。

 発展途上国化することで日本人の多くが幸せになれる、というならば、民主党の政策や幸福度指標でも良いでしょう。

 しかし、そういうヒトは少数派です。

 

 少数派のための経済政策を取るよりも、少数派にアフリカ移住してもらうほうが賢明ですよね?

 そのほうが多数派にも少数派にもハッピーですよね。

 多数派は豊かになれてハッピーだし、少数派も貧しい世界に住めて直ぐにハッピーになれるでしょう、たぶん。

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ