収益性
53
活発度
0
人気度
50
収益量
50
投稿量
61
注目度
50

ニッパチの星さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ266件目 / 全342件次へ »
ブログ

最近の投資について

TV,ラジオ、新聞、ネット等の情報で素人投資家目線で面白いと思ったのは次の通りです。トンチンカンなものが多いと思いますが?

①今まで株価が下がるのは経済に悪影響を与える為、良くないと思っていたが、今の時期では悪影響は軽微と予想。逆に底値圏では年金や日銀が買ってくれており、将来利益となる可能性が高く、財政健全化に寄与するか?但し、損切りを強制さられた個人投資家(自分も含む)には同情します。

②現在は証券業界総動員(OB&OG含む)及びお仲間のメディア関係者が売り煽っておられる。一番効くのはレーテイングの格下げのようです。また、特に印象に残ったのは9/6のラジオで専門家と評されている方が、現状のように不安定な時は、株式を保有している方には、リスクヘッジとして、機関投資家も採用している、同一銘柄の空売りが有効とのことです。確かに、今後株価が暴落しても損失は手数料のみに抑えられ良い(証券会社にとって)案?だと感心しました。

③8月の日本現物株売りの主体は外国人と証券自己のようですが、9/5週は証券自己の方々は先物を売り、現物株を買われた可能性が高いものと推察します。これは、9/12週も継続するものと予想。

④金を推奨する専門家の方がバーナンキ議長の講演の1-2週間前のTVでQE3の有無に関し、どちらに転んでも、金は上昇するとのことでした。結果はその通りになりました。専門家の信頼度がアップしました。また、有名投資家の金の推奨講演もTV放送されたようです。とにかく金は安全資産とのことです。

<今後の投資方針>まねは推奨しません。
所期方針通り、コツコツと安くなったものは買い増しし、高くなったものは売りたいと考えます。短期間に大儲けしようと考えないことにしています。
尚、金は安全資産と言われていますが、政府が財政破たんしたら売られる可能性が有り、また、リーマンショック時にも短期間に約30%下落しており、金の売り投資を再開するか迷っています。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
7件のコメントがあります
  • イメージ

    ギリシャのCDSスプレッドが急上昇していますね。

    絶好の買い場かもしれませんが、コツコツと行くのが賢明かもしれませんね?

    アメリカで経済に影響を及ぼすテロ等がなければ、午後から上昇の可能性も有りか?

  • イメージ

    昨年同様、堀古さんの金本位制復活論の駄目押し、JPの佐々木さんのドル安論の駄目押しがあって、日本株は底入れし反転するのかもしれません。?

    尚投資方針は変えないつもりです。

  • イメージ
    こんにちはーニッパチの星さん

    >将来利益となる可能性が高く、財政健全化に寄与するか?

    でも、いつ日銀は、ETFを放出するつもりなんでしょうね(笑)
    日銀が利益が出ても個人にはいいことはない気がしますけど~

    >また、リーマンショック時にも短期間に約30%下落しており、金の売り投資を再開するか迷っています。

    これはあたってるかとおもいますよ^^
  • イメージ

    みやまな鉄砲長さん コメントありがとうございます。

     

    >でも、いつ日銀は、ETFを放出するつもりなんでしょうね(笑)

     

    恐らくみんなが日銀のETF買いが有ったことを忘れて、個人投資家が増加し、株価が2-5倍になっている、5-15年後でしょうか?

    その頃にはインフレも進み、株式投資をして良かったと回想していることでしょう。

    尚、政府は成長戦略として、イメージとしては、小泉政権時の良いとこ取り(プラスα)で、政策を打ってくることが予想されます。何よりも税収アップには株価上昇が最も効果があるのは解りきったことですから。

    但し、証券業界が現状のままで、自浄努力をしないと、個人投資家は増加しない可能性が高く、上記は幻想に終わる可能性があります。

    日本の政治は酷いですが、証券業界も同様に酷いように思え、大改革が必要と考えます。

  • イメージ

    クレイマーが問題になっていますが、彼らがお手本にしたのは、野党の政治家とマスメディア、そしてそれらに便乗して煽り、利益を得られる方々のようです。

    利益を上げられた方々は消費拡大に貢献して下さるように宜しくお願い致します。

  • イメージ

    昨日(9/15)、日本株式の需給に詳しい専門家の方がラジオで、NKが8300円?位になり信用買い個人の評価損が20%以上になり追証で損切りが発生しないと、底打ちしないといっておられました。また、珍しく、欧州に加えアメリカの不安を煽っておられました。

    いつもは、物腰が柔らかく、親切な方だと思っていたのですが、昨日はオオカミに変身されたようです。

    オオカミには可哀そうですが、熱演された直後に、あざ笑うように、日本株は上昇しました。

    疑問に思うのは、個人投資家の追証と欧州、アメリカの不安の関連性です。

    頭の良い方々が考えることを理解するには、高等な専門知識が必要なようです。

  • イメージ

    大発見!

    信用買い個人の評価損が20%以上になり追証で損切りが発生すると、欧州やアメリカの不安問題が解消する?ということらしいです。

    これは証券業界の常識か?

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。