証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

あさっての投資家さんのブログ

最新一覧へ

どっちにすべき? インデックスファンドか、ETFか ②

前回

http://minkabu.jp/blog/show/320531

に引き続き、従来型インデックスファンド(以下、インデックスF)とETFとの比較対決。

前回は比較しやすい手数料を比べましたが、今回は もう少し視野を広げて比較しよう。


注文
ETFには指値・成り行きが利くが、
インデックスFはそれができない。
しかし、これでETFが有利とは言い切れない。

なぜなら、ETFは必要以上に高く買ってしまう危険があるからだ。

これは、ETFにおいては
実際の指数の値と、売買価格のズレが生じるからだ。
ここで大証の、乖離率を見てみよう。(※2)
2011年3月4日の南ア40連動投信は、何と-6.12%もずれている。


-6.12%のズレが生じた為、購入した人は得をしたが、逆に売却した人は損をしているのだ。
6%の差はでかい。例えば手数料で6%も取ったらボッタクリだ。


一方インデックスFは、平日ならほぼ毎日基準価格を算出し、
それにあった金額分だけ購入・解約する仕組みなので、こんなリスクはほとんど発生しない。

 

ここは安全を取るか、乖離を逆手に取って得をするかで意見が分かれるだろう。

無知であれば損をする。これはどの世界も同じだ。

 

積立て購入
インデックスFは普通のファンドと同じなので、毎月の投信積立が出来る証券会社は多いが、
ETFで積立(るいとう)を用意している会社は少ない。(一部の大手証券ぐらい)
よって、ここはインデックスFに軍配を上げよう。

 

 

…ここから忘れがちな点に入りたいけれど、いやはや、長くなってしまった。

なので次の日記

http://minkabu.jp/blog/show/320631

に書きました。

読んでくれている方に感謝、感謝!

 

 

※2 大証のETF乖離率 (PCサイト)
http://www.ose.or.jp/market/trading_data/etf

 

登録日時:2011/03/06(09:23)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+4.7%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

75.5 24.5
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,765.47

▲ +268.78

TOPIX

1,512.69

▲ +22.07

JASDAQ総合指数

118.76

▲ +0.07

米ドル/円

114.20

▲ +0.46

ユーロ/円

121.10

▼ -1.21

重要な経済指標 発表日時
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ