収益性
47
活発度
0
人気度
51
収益量
50
投稿量
52
注目度
49

socialcolorさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ120件目 / 全132件次へ »
ブログ

保険を掛けすぎない

私は競馬が好きでよく馬券を買うのですが、割と当たるのに、金額的には損してばかりです。もちろん、ギャンブルですから胴元がテラ銭(中央競馬の場合、掛け金の25%)をもっていくから、長くやれば確率的に勝てないのは理解できます。
それ以外で、金額的に勝てない大きな理由があります。
それは、当たり馬券と一緒にハズレ馬券もいっぱい買ってしまっているのです。例えば、一着を当てる馬券を買う場合、当然当たりは一通りしかありません。(同着の場合を除く。)なのに、あの馬も強そう、この馬が来たらどうしようと、あれもこれも余計に買ってしまって、せっかく的中したのに利益を減らしているのです。もちろん、全部はずれることも多いわけで、その場合は余計に買った分、損失を増やしています。
前置きが長くなりましたが、投資する場合もこれとよく似たことをしていないでしょうか?
リスク軽減の考えとかで、大して増えなさそうな債券とか、先行き見通しの良くない国債など、大事な資金であれこれ一杯ハズレ馬券を買ってしまって、結局あんまり利益は上がらないなんてことになっていないでしょうか?(始めからそれでも良いという考えで投資されている人は別ですが。)
始めから負けることを考えている人※と、勝つためには退路を断つことも持さない人(無謀な人という意味ではありません)では、取組みの真剣さにおいて大きな差があり、結果も自ずと見えているような気がします。
万が一のために保険を掛けることも大事だとは思いますが、保険の掛け金のために働くようなことにならないように気を付けたいと思います。

※細心の注意を払ってリスクを回避することと、むやみにリスクを恐れることは違うので、誤解の無い様にして下さい。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

5件のコメントがあります
  • イメージ
    ヨッシーさん (対象外)
    2007/06/16(13:00)
    私も競馬をよくやりますが、最近は買い目が多いですよね。昔の枠連しかなかった頃は3点勝負くらいでしたが、馬連が出て、三連複、三連単が発売されるようにいたっては、あれもこれもと買ってしまいます。やれ流しだ、ボックスだ、フォーメーションだと胴元のJRAは客の財布の中身をすっかり抜き取るべくいろんな手を考えてきます。

    なので最近は競馬はお遊び程度にやるか、新潟競馬場に子供を連れて行って遊ばせる程度にしています。

    でも、株式投資に関しては単勝1点勝負を心がけています。
  • イメージ
    私は逆に絞りすぎてよくあたらない方ですね^^;
    当ったらでかいということもない。。

    サクラエイコウオー×エアチャリオットの馬連で
    5万が最高かな
    #その後、皐月賞でエアチャリオットの複勝に
    #全額5万かけ、外しました

    なので、株はとことん考え抜いて、1点勝負しようと
    思っています。
  • イメージ
    ヨッシーさん(いつもコメントありがとうございます。)
    ミストルテインさん

    コメントありがとうございます。
    奥さんには、「損してばかりなのに、なんで賭けるの?」とよくボヤかれます。効用があるとすれば、度胸がつくとか、勝負勘が養えるということでしょうか?実際、これが株の売買に少なからず役立っていると思います。(少々負け惜しみの感がなきにしもあらずですが。)
    競馬は勝ちそうな人気馬に賭けたら配当は少なくなるのに対し、株は人気がある会社を買わないと利益がでません。
    人気のある方を買う傾向にある私は、競馬には向かないけど、株には向いてるんだと自分を慰めてます。
  • イメージ
    株も競馬も、過去に経験した、脳のアドレナリン分泌・快楽やドキドキ感が忘れられないのかもしれませんねっ♪
    自分が応援した馬が勝つと嬉しいですねっ♪

    郷は、気長に妄想できる株のほうが合っているっぽいw
  • イメージ
    ユカコさん (対象外)
    2007/06/22(20:37)

    質問の返信ありがとうございました<(_ _)>
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。