収益性
76
活発度
0
人気度
53
収益量
52
投稿量
100
注目度
51

siozukeeeeeeさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2597件目 / 全2597件次へ »
ブログ

1897年9月21日 ニューヨーク・サン新聞「社説」

ニューヨーク・サン新聞社に、このたび次のような手紙が届きました。
さっそく社説で取り上げて、お返事したいと思います。
この手紙の差出人が、こんな大切な質問をするほど、私たちを信頼してくださったことを、記者一同、大変嬉しく思っています。

きしゃさま わたしは、八つです。
わたしの友達に「サンタクロースなんていないんだ」って言っている子がいます。
パパに聞いてみたら、「サン新聞に、問い合わせてごらん。
新聞社で、サンタクロースがいるというなら、そりゃもう、確かにいるんだろうよ」と言いました。
ですから、お願いです。
教えてください。
サンタクロースって、本当にいるんでしょうか?

バージニア=オハンロン ニューヨーク市 西95丁目115番地


バージニア、お答えします。
サンタクロースなんていないんだという、あなたのお友達は間違っています。
きっと、その子の心には、今はやりの、何でも疑ってかかる、うたぐりや根性というものがしみこんでいるのでしょう?
うたぐりやは目に見えるものしか信じません。
うたぐりやは、心の狭い人たちです。
心が狭いために、よく分からないことがたくさんあるのです。
それなのに、自分の分からないことは、みんな嘘だと決めてかかっているのです。
けれども、人間の心というものは、大人の場合でも、子供の場合でも、もともとちっぽけなものなんですよ。
私たちの住んでいる、この限りなく広い宇宙では、人間の知恵は、一匹の虫のように、そう、それこそ、ありのように小さいのです。
その広く、また深い世界を推し量 るには、世の中のことすべてを理解し、すべてを知ることのできるような、大きな深い知恵が必要なのです。
そうです。
バージニア、サンタクロースがいるというのは、決して嘘ではありません。この世の中に、愛や、人への思いやりや、真心があるのと同じように、サンタクロースも確かにいるのです。
あなたにも分かっているのでしょう。
世界に満ちあふれている愛や真心こそ、あなたの毎日の生活を、美しく、楽しくしているものだということを。
もしも、サンタクロースがいなかったら、この世の中はどんなに暗く、寂しいことでしょう。
あなたのようなかわいらしい子供のいない世界が考えられないのと同じように、サンタクロースがいない世界なんて想像もできません。
サンタクロースがいなければ、人生の苦しみを和らげてくれる、子供らしい信頼も、詩も、ロマンスも、なくなってしまうでしょうし、私たち人間の味わう喜びは、ただ目に見えるもの、手で触るもの、感じるものだけになってしまうでしょう。
また、子供時代に世界に満ちあふれている光も消えてしまうでしょう。
サンタクロースがいない、ですって! 
サンタクロースが信じられないというのは、妖精が信じられないのと同じです。
試しに、クリスマス・イヴに、パパに頼んで探偵を雇って、ニューヨークじゅうの煙突を見張ってもらったらどうでしょうか? 
ひょっとすると、サンタクロースを捕まえることができるかもしれませんよ。
しかし、例え、煙突から降りてくるサンタクロースの姿が見えないとしても、それがなんの証拠になるのです?
サンタクロースを見た人はいません。
けれども、それはサンタクロースがいないという証明にはならないのです。
この世界で一番確かなこと、それは、子供の目にも、大人の目にも見えないものなのですから。
バージニア、あなたは、妖精が芝生で踊っているのを、見たことありますか?
もちろん、ないでしょう。
だからといって、妖精なんてありもしないでたらめだなんてことにはなりません。
この世の中にある見えないもの、見ることができないものが、なにからなにまで人が頭の中で作り出し、想像したものだなどということは決してないのです。
赤ちゃんのがらがらを分解して、どうして音が出るのか、中の仕組みを調べてみることはできます。
けれども、目に見えない世界を覆い隠している幕は、どんな力の強い人にも、いいえ、世界中の力持ちがよってたかっても引き裂くことはできません。
ただ、信頼と想像力と詩と愛とロマンスだけが、そのカーテンを一時引きのけて、幕の向こうのたとえようもなく美しく、輝かしいものを見せてくれるのです。
そのように美しく、輝かしいもの、それは人間の作ったでたらめでしょうか? 
いいえ、バージニア、それほど確かな、それほど変わらないものは、この世には、他にないのですよ。
サンタクロースがいない、ですって? 
とんでもない。
嬉しいことにサンタクロースはちゃんといます。
それどころか、いつまでも死なないでしょう。
1千年の後までも、百万年の後までも、サンタクロースは、子供たちの心を、今と変わらず、喜ばせてくれるでしょう。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
11件のコメントがあります
  • イメージ
    ダイズさん (1081.21point)
    2007/12/20(22:48)
    懐かしいですねw いることを証明することは簡単ですが、いないことを証明することは、本当にやっかいです。 UFOに関してもそうですよね・・・
  • イメージ
    UFO関連では日清やニコンが該当するそうです。
  • イメージ
    サンタクロースがいるとかいないとか、考えた事無かったなぁ。。。wwww
    小さい頃からクリスマスの習慣が無かったですww
  • イメージ
    昨年度のアメリカのアンケート結果で、サンタを信じる年齢の平均は8歳位までとの結果とリッチな家庭ほど、年齢が高いとのことも。
    バージニアちゃんは8歳なのですね。かわいいなぁ。

    サン新聞の記者の「確かに」に一票入れたい。

    私はサンタクロースも、妖精や天使の存在も信じていますよ。でもね、神や幽霊は信じてないの。。。
  • イメージ
    Ayrton.Sennaさん (対象外)
    2007/12/22(00:24)
    こんばんは。

    素晴らしい回答です!
    殺伐としたニュースではなく、こういう心温まる記事に
    これからもメディアは力を入れ続けて欲しいですね。^^
  • イメージ
     サン新聞社には、すごい人がいるんですね
    こんな会社は、素敵ですね~♪
     クリスマスもあと何日、お正月もあっという間にやってきそうです。
     なんとなく今年も終わってしまいそうです
  • イメージ
    kacoさん (284.22point)
    2007/12/22(16:50)
    高校時代、英語の授業でこの社説を読んだことがあります。
    (もちろん英語)

    子供向けに優しい言葉を選んで書いてあったと記憶していますが、私の英語力ではトホホでした。いつ、先生にあてられるかと、はらはらしつつ、辞書を繰りながら、読んだので、感動している余裕はありませんでした。

    改めて読んでみると、良いですね。(やっぱり、日本語でなくっちゃ)

    私は、特に天使や妖精を信じてはいませんが、それでも、合理的に説明できることが全てではないとも思っております。
  • イメージ
    ご訪問コメントありがとうございました。
    優待株がお好きなんですね。
    ものすごーくながーい目で見たら、今は買い場なのかもしれませんね。
  • イメージ
    いい話ですね。子供は8歳ならいい加減ばれてるだろうと思っていたら、意外にサンタ信じてますよ。学校で女子が「いる」派、男子が「いない」派で論争が起きるらしいです。すぐ冬休みに入るので、年が明けたらお年玉の話に移ってしまうようですけど。
  • イメージ
    サクラ33さん (21.79point)
    2008/01/20(19:44)
    サンタさん て 夢を与えてくれますよネ。
    お利口にしてたらサンタさんが・・・なーんて、なつかしいです。
    それにしても素晴らしい返事です、ご苦労様でーす。
  • イメージ
    レガトさん (対象外)
    2008/01/21(20:32)
    コメありがとうございます。

    こちらこそ、よろしくデス。

    チョー初心者なので、いろいろ参考にさせてください。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。