映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ458件目 / 全1047件次へ »

下げどまってほしいが、為替が苦しい

7月21日の日経平均は9278.83(-21.63)。雲、基準線、転換線の下、ボリンジャーはマイナスσ9316の下、MACD RCIは下降。週足の遅行線が雲の下限と衝突する水準で、このあたりから雲の下限9000あたりの水準を保てるかどうか、だ。週足RCIは底ばいなので下げ渋って欲しいところ。

ダウは10120.53(-109.43)雲、転換線の下、基準線10104の上。ボリンジャーはTP10164の近辺。 MACD RCIは頭を丸めている。目先基準線の攻防になっているが、週足は、雲の上限近辺で推移しているが、週足RCIは底打ちしており、まだ明確に下落基調になっているとはいえないものの目先は弱くなってきている。

ドル円は87.06雲、基準線、転換線の下、ボリンジャーはマイナスσ87.53の下。 MACD RCIは下降で、ドル安円高基調は変わっていないが、週足RCIは底に達しており、下げの勢いは鈍ってきそうな様子だ。

バーナンキさんは経済の見通しは異例なほど不透明といったそうだが、10年もの国債の金利はなお低下しつつあるので、為替がなおドル安円高方向であり、日経平均は苦しい。もっとも売買高も細く、どんどん下げる勢いもあまりみられない。ヨーロッパのストレステストの結果をみてどちらに動くか、注目だ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/07/22(06:19)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。