収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
49
注目度
50

Raguelさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ163件目 / 全748件次へ »

2010年第1四半期の競馬予想成績


クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m ランキング参加中競馬予想の手法を見直し始めてから1年が経ちました。紆余曲折を経て、なおこれで良いというものには全くなっていませんが、一つの区切りとして成績を振り返っておきたいと思います。まずは競馬予想Dに登録した本命◎の勝率その他の成績から見てみます。昨年の5月、7月には勝率50%超、単回率110%超を達成しました。両月ともに予想数が50以上ですから、それなりに評価できる結果だと自負したいところなのですが・・・これ以外の月も年間トータルでも、単勝一番人気の勝率と大差のない結果になってしまった以上、これらの月はたまたま運が良かっただけと考えるべきでしょう。通算でこの程度の勝率で終わることとなった最大の理由は、昨年11月に「単純な勝率狙い」から「勝率も高く回収率も良い」予想をするという方向へ舵を切ったことにあります。そのために、それまでの予想手法をかなり変更しました。勝率重視のスタンスを変えたのは、それだけでは収益が上がらないためです。単に勝率だけ高めるなら、例えばコンピ指数88だけを本命に推すといった方法があり得ます。これだけで年初からの3ヶ月間における勝率は57%程になります。しかしコンピ指数88の単勝オッズ平均はかなり低いので(正確なデータは取っていませんが、体感的に160円程度)、この方法だけでは回収率100%を長期にわたって越え続けることはできません。当初はコロガシやマーチンゲール法で収支をプラスに持っていく魂胆でいたのですが、このアプローチは精神的にも金銭的にも厳しいというのが現実で、これは自分には不向きなやり方であると悟ったのです。そこで、「あーでもない、こーでもない」と悩みながら試行錯誤を重ねて予想方法を改善?し続けているのが現状といったところです。未だその成果は得られていませんが、この3月は若干手応えがあったように感じています。この感覚が実績を伴って続いていくかどうか。4月以降の動向が成否のポイントになるでしょう。一方、1月~3月の購入馬券ベースでの回収率は85.2%となりました。JRAには勝ったものの、収益を得るには程遠いという結果です。これは、小額投資のレースで当たっても勝負掛りのレースで外すという、根本的なギャンブラーとしての資質に関わる結果に終わったことに原因があります。今後は、慎重かつ冷静な資金投入が課題だと認識しており、6月末にはなんとか購入馬券ベース回収率を100%近辺にまで戻すように努力するつもりです。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/03/31(21:22)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。