あしすあべばさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ31件目 / 全385件次へ »

日本ゆとり化が進行!

0b507d525 

新型「プリウス」国内全車リコールへ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100206-00001117-yom-b...

なぜ?
社長会見でリコールと宣言できなかったのだろう。
雇われ社長ならわかる。
創業者の孫ならなおさら顧客目線で
トップ判断で決断すべき絶好の機会だった。
民主党のように裏に番長がいたのだろうか。

トヨタは過去にリコール報道が数多くあったが
他社メーカーよりも迅速なイメージがあった。
これらの積み重ねで高品質な車のイメージが
固まった感もあると思われる。

新型プリウスの数百件のクレーム(ブレーキ―抜け)に対して
原因を追及していたらしいが
主因に冬で凍結路が多くなったからと言い訳する始末。
メーカーは新車開発のときは様々なケースを想定して
実車をテスト走行をして耐久性とか安全性を含めて
開発している。

これは仮定ですが
コスト削減(発売時期に間に合わせる)のためにこれらが
充分に行われなかった。
もしくわ単なるデータ取りの作業なっていた。
結果、本来の目的の安全性を高める&検証がないがしろに
なっていたと捉える人もいるでしょう。
失った信用を取り返すのは数十年かかると言われてます。
中には信用回復を急ぐあまりに自滅する企業もあります。

決算後のプリウスに対する最初の会見で見られたけど
「当社はいい車を発売していて製品には問題がありません。
お客様の使い方が悪いのです。」と言い切る姿勢に
反感を覚えた人は多かったと思う。
クレームに対して有り難いと思うのが経営陣の姿勢では
なかろうか。
なにかうざいとも取れるような発言だった。

普通の人は何か買い物をして
この商品は駄目だと思ったらそれに対する対応が
悪ければ二度と買わないでしょう。
極端な場合はそれを販売していた店にも行かなくなる。
クレームを言ってくる人はまた商品を買ってくれる見込みに
なりうるお客さんなのであり
そこでいい対応をすればいい宣伝してくれるかもしれない。
反面、怖いのは何も言わずにその商品を二度と
買ってくれない人。
確実にライバル他社の商品に流れてしまう。

今回のようにTV報道で悪いイメージがついて
しまうとユーザーでない人もこれからトヨタ車を買う人は
数パーセント減ったかもしれません。

車を製造しているこの会社の企業理念とは何なのかと
考えてみた。
安全で高品質ないい車を提供するは項目にあるだろう。
この中に安い価格で販売するも入っているかも
しれないが売上市場主義&販売戦略上で安全性は
二の次になり安く提供されているならそんな車は要らない…
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/02/07(13:26)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2010/02/07(17:57)
    こんにちはーあしすさん

    >主因に冬で凍結路が多くなったからと言い訳する始末。

    それも含めて車両のテストを
    つむもんじゃないのかなぁと思うんですけど・・・(^^ゞ

    殿様商売になってしまったら、
    価値も失われてしまう気がしています。
    (GMがそんな感じだった気もする・・・)

    >二の次になり安く提供されているならそんな車は要らない…

    わたしも同感です( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!

    安さもいいけど、買う人は「安全」を含めて
    買っていると思ってると思いますもの。
  •  通報する

    2010/02/07(22:26)
    みやまなさん

    ほんと殿様商売になっていたのだと思います。
    安くで売ってるだから文句はいうなって感じ。

    >買う人は「安全」を含めて
    >買っていると思ってると思いますもの。

    その通りですよね。
    運転のしやすさもあるけど結局
    「安全」が第一ですわ。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。