証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

BNPパリバ アーバンに続きソフトバンク株でも不正取引の疑い

アーバンで曰くありげなインチキ働いていたBNPパリバですが、今度はソフトバンク株で不正操作の疑いだとか。

アーバンの課徴金も1億円と舐めた制裁の日本市場ですから、パリバ自身が日本市場を舐めているんでしょうね。

営業停止とかではなく、金輪際取引できないように会員資格剥奪くらいしたら?






パリバ、不正取引の疑い 金融庁、業務停止も検討
http://www.asahi.com/national/update/1014/TKY200910140524.html

 仏金融大手BNPパリバ証券の東京支店が、ソフトバンク株をめぐって不正な取引をしていた疑いのあることが分かった。自社の損失を避けるため、取引終了間際に相場より大幅に高い価格で大口の買い注文を出し、取引を成立させないようにしていたとされる。証券取引等監視委員会は、金融商品取引法が禁止している作為的な相場形成にあたるとみて調べている。

 パリバは欧州を代表する世界有数の金融機関の一つだが、昨年も経営破綻(はたん)した不動産会社アーバンコーポレイションの資金調達を巡って金融庁から業務改善命令を受け、さらにその際、事実と違う報告をした疑いが出ている。

 監視委はパリバが不正の疑いのある行為を繰り返していたことを踏まえ、行政処分を出すよう金融庁に勧告する方針。金融庁も、健全な市場を担うべき証券会社自らが、大規模な不正取引をしていた可能性が高いとみて業務停止命令など重い処分を検討する。

 今回新しく疑いが出た「作為的な相場形成」は、売り買いの実勢とかけ離れた値動きをわざとつくりだす行為。証券市場関係者によると、パリバでは、東証1部上場のソフトバンク株について、売買期日の決まった取引を抱え、その日の相場で売買すると損が膨らみそうな取引日があった。その際、最終的に取引を成立させず、翌日回しにすることを計画した疑いが持たれている。市場が閉まる直前に高い値段を指定して大量の買い注文を出したり、他の投資家からの売りがあれば、追加で買い支えて売り注文を減らしたりしていたという。

 東証などでは、売りと買いの注文数に極端な開きがある場合、値がつかないまま取引を終え、翌日に持ち越す。パリバは、意図的にこの状況をつくっていた模様だ。

 翌日の取引では、損が出ないよう、売買が成立しうる値段にまで引き下げるなど時間をかけて調整していたとみられている。

 パリバは昨年11月、アーバンコーポレイションの資金調達を引き受けた際に重要な契約情報を公表しないようアーバンに働きかけたとして、金融庁から業務改善命令を受けた。さらに、その後の監視委の調査で、パリバが「アーバン側との契約に基づく機械的な取引」と金融庁に報告していたアーバン株の売却のうち、一部は契約に基づかない自社の利益目的の売却だった疑いがあることが判明している。

 パリバは監視委の指摘に、意図的ではなかったなどとする認識を示している模様だ。しかし監視委は、不適切な株取引を防ぐ法令順守態勢が十分に構築されていないとみて、行政処分の勧告に向け金融庁と調整を進めている。

 BNPパリバ証券東京支店は「証券取引等監視委員会による検査中のことについては、話せない」としている。(富田祥広、井上裕一)
登録日時:2009/10/15(08:31)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+15.4%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

79.4 20.6
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,765.47

▲ +268.78

TOPIX

1,512.69

▲ +22.07

JASDAQ総合指数

118.76

▲ +0.07

米ドル/円

113.49

▼ -0.25

ユーロ/円

122.20

▼ -0.11

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ