Raguelさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ719件目 / 全748件次へ »

持たざるリスクはリスクか


「持たざるリスク」という言葉がありますが、私は常々この言葉に何とも言えない不自然さ、釈然としない感覚を感じていました。
そして今回再考した結果、私はこの言葉を自分の辞書から消すことにしました。

一般にリスクとは「不確実性」のことを言います。
例えば、市場リスクと言えば市場価格(金利・株価・為替など)の下落によって保有資産に損失が生じる可能性(不確実性)のことですし、信用リスクと言えば貸付金を回収できなくなる可能性(不確実性)のことです。
リスクについてこのように理解していると、「持たざるリスク」という言葉に不自然さを感じる理由がはっきりとわかります。
それはつまり、「価格変動を起こす資産を保有していないのに、どのような不確実性があるというのか?」という疑問によるものだったのです。

そして、リスクの定義を「不確実性」と捉える限り、

「価格変動資産がなければ不確実性はない」

という結論しか得ることができません。


それでは、単に矛盾した言葉が世間に蔓延したのでしょうか?
どうやら、そうではなさそうです。

一般に、「持たざるリスク」とは「価格変動資産を保有していないことによって、利益を上げる機会を逃す可能性」のことを指しています。
これは、リスクを機会=チャンスにまで拡張した理解によるもので、このような拡張は誤りではありません。
特に、機関投資家のように「リスクテイクによって利益を得る」ことを生業としている人々にとっては、ある種の訓示的な意味合いを持つと思われます。

しかし、個人投資家にとってはどうでしょう。
「損失よりも利益を上げる機会を逃すことを恐れる」必要があるのでしょうか。
それは逸失利益でも何でもなく、縁がなかっただけのことではないでしょうか。

利益を上げる機会を逃しても、できる限り損失を受けないようにリスク許容度を大きく取っておくこと、
つまり「持つリスク」の方を強く意識することのほうが、少なくとも自分自身にとっては役に立ちます。

とは言え、暴落した後に大きく戻すと「あそこで買っておけば・・・」とつい後悔したりするんですよね・・・
強くならねば。



メーデー!メーデー!ランキング下降してます!至急浮上しないと危険です!
是非ともご協力をお願いします!!
FC2 Blog Ranking[株式・投資]

「みんかぶ日記」はRSSフィードのため見にくくスイマセン^^;
よろしければ以下のURLをコピペして私のブログに遊びに来て頂けるとシアワセですー
http://stocko.blog120.fc2.com/

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/10/21(18:41)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。