収益性
47
活発度
0
人気度
53
収益量
49
投稿量
65
注目度
49

はんちくさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ31件目 / 全686件次へ »
ブログ

店板の「罠の罠」

 ここ最近、店板の出現率が高い。

 店板とは、

 「1000枚超の先物注文や、個別銘柄の飛びぬけた量の注文板」、のこと。

 かつての店板は、

 「上げ妨害のフリをして、実は売り方をだます」
 「支えのフリをして、買い方をだます」
 が通例だった。

 個人投資家は、意外と引っかかっり、店板に踊った。
 その板を基準にして、小口注文がパラパラと出たあと、結局その板は破壊されて突き抜け、オーバーシュートしていく。
 

 しかし、あまりにワンパターンで頻度が高すぎるため、その古代のフェイントも機能しなくなった。
 今では、店板が出た瞬間、それを嫌気する動きすらなく、まるで引力があるかのように、まっすぐ店板に向かっていくようになっている。

 ここ最近は、「店板は叩け」のセオリーを逆手に取ったような動きが多い。「叩きに来る人間をだます」ようになってきている。
 
 
 今日は、先物に3段の1000枚売り注文が。

 なんとも違和感のある出方。
 もうアゲアゲモードじゃないのに。 

 しかし、まるで吸い寄せられるように2つが破壊された。


 上値均衡を保つような動きのあと、引け際に先物大量売りで急落。

 そしてこの米市場&海外先物。

 
 今や、「妨害でも、フェイントでもない板」と化している。

 デイでもあてにはならない。

 
 「逆を突けばよい」という、鉄板のパターンが否定された。

 店板は、かつてのような吉兆のサインではなく、かなりの撹乱要因になるだろう。

 「叩いていいものか、見送って良いものか・・」


 惑わされたくなければ、板を見ないのが最強。
 リアルタイムの板は、偽装情報の山。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。