るきるきさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ146件目 / 全302件次へ »

日々投資090617

カテゴリー分け。というか索引
→銘柄ウオッチ http://lukiphel.blog61.fc2.com/


本日の日本市場はダウの大幅下落を受け弱含みで始まったのですがすぐに反転。引けに欠けて徐々に上値を追う形で結局+88円で取引を終えました。特に後場に入ってからの燃料電池、太陽電池を中心とした環境銘柄へのラッシュはすさまじい動きで、これらのセクターの主要銘柄のほとんどが大幅に上昇しました。特に6674GSユアサの上げには驚きましたね。ユアサより先に5563日電工や6934新神戸の上げが来たのですが、一時くらいから一気に買いが入り最後まで上昇し続けたというような動きでした。

このあたりは先日も書いた通りで、個人資金が元気ですから思ったよりも早く入ってきたということで、少々異常ではありますが不思議ではありません。問題は、何が上げを演出していたのかということです。相場環境を見渡すと、国内機関であ投機筋であれ皆プロなわけで、アマチュアというのは個人資金にしか存在しないわけですから、上げるのであれば、それ相応の狙いがあるはずです(もちろん狙いが成功するかしないかは別問題ですが)。今日は自律反発の動きがあったとは言え、為替が回復しているわけでもなく、ダウは調整入りしたと思われ、アジアも軟調、欧州も全滅と独歩高で買われる理由がありません。

もちろん基本的に読みなどそうそう当たるわけもありませんので、大筋で大きく間違っていなければ可ではあるのですが、厄介なのは、今回はその理由を読み間違うと投資法が真逆になる可能性があるということです。でも理由は分かりません(笑)。まあ、下手の考え何とやらとも言いますので、慎重に軌道修正しながらということになるんでしょうが。

今日、国会中継(麻生&鳩山党首討論)を見ていたんですが、まあ狐と狸の化かし合いみたいなものなのですが(笑)、「日本の自殺者は一日100人~生活保護の200億ほっちをなぜ切るのか」あたりはなかなか鋭かったです。侮れないアドレナリン。公共投資にもちょっと触れていましたが、結局、道路とか橋とかも必要なんですけれども、これは造った後に維持コストがかかりますので投下できているうち良いですが一発芸なんであまり意味がありません。例えば、少子化と福祉に大規模な財源を割くというのであれば10年後に活きてきます。10年後を見据えるのが政治家の仕事であって、これができてこなかったことが自民党政治の最大の罪でしょう。まあ自民党がどうという話ではなく、政治家のレベルの問題なんでしょうが。政治家の質を上げるシステムを考えた方が良いですね。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/06/17(23:41)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。